Beanstalkd < 1.4.6 のリモート Beanstalkd コマンドインジェクション

high Nessus プラグイン ID 46884

概要

リモートホストに、制限されたコマンドセットを介してデータの変更を許すアプリケーションがあります。

説明

Beanstalkd のインストールバージョンにより Beanstalkd コマンドのインジェクションが引き起こされる可能性があります。

悪意のあるプロデューサープロセスまたはクライアントがこの問題を悪用して、「PUT」コマンドを介して任意の Beanstalkd コマンドを注入し、既存のジョブのステータスを表示、またはコンシューマープロセスやクライアントからの協力なしに Beanstalkd キューからジョブを削除する可能性があります。

ソリューション

バージョン 1.4.6 または以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://kr.github.io/beanstalkd/2010/05/23/1.4.6-release-notes.html

https://bugs.gentoo.org/show_bug.cgi?id=322457

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 46884

ファイル名: beanstalkd_remote_beanstalk_cmd_inject.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: remote

ファミリー: Misc.

公開日: 2010/6/14

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

Nessus によりエクスプロイト済み: true

パッチ公開日: 2010/5/23

脆弱性公開日: 2010/5/23

参照情報

CVE: CVE-2010-2060

BID: 40516

Secunia: 40032