SeaMonkey < 2.0.6 複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 47785

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Windows ホストに含まれる Web ブラウザは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

SeaMonkey のインストールバージョンは、 2.0.6 より前です。上記のバージョンは以下のセキュリティ問題の影響を受ける可能性があります。

- 複数のメモリ安全性のバグにより、メモリが破損したり、任意のコードが実行されたりする可能性があります。(MFSA 2010-34)

- DOM 属性の複製でのエラーにより、任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(MFSA 2010-35)

- Mozilla の「NodeIterator」の実装でのエラーにより、任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(MFSA 2010-36)

- プラグインパラメーターの名前および値を保存するコードでのエラーにより、任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。
(MFSA 2010-37)

- CSS の値を保存する際に使用される配列クラスは、整数オーバーフローの脆弱性の影響を受けます。(MFSA 2010-39)

- 整数オーバーフローの脆弱性が、XUL <tree> 要素の「selection」属性に存在します。
(MFSA 2010-40)

- Mozilla グラフィックスコードでのバッファオーバーフローの脆弱性により、任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。
(MFSA 2010-41)

- コンテンツが有効な JavaScript でなくても、他のドメインからリソースを読み取り、解析することができるため、クロスドメインのデータ漏洩を引き起こす可能性があります。(MFSA 2010-42)

- ロケーションバーのスプーフィングの脆弱性が複数存在します。
(MFSA 2010-45)

- ターゲットサイトに偽造の CSS セレクターを注入することで、ドメイン間でデータを読み取ることができるようになります。
(MFSA 2010-46)

- スクリプトエラーにより、機密である可能性のある URL パラメーターがドメイン間で漏洩される場合があります。(MFSA 2010-47)

ソリューション

SeaMonkey 2.0.6 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-34/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-35/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-36/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-37/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-39/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-40/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-41/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-45/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-46/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-47/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 47785

ファイル名: seamonkey_206.nasl

バージョン: 1.21

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2010/7/21

更新日: 2018/7/27

依存関係: mozilla_org_installed.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:seamonkey

必要な KB アイテム: SeaMonkey/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/7/20

脆弱性公開日: 2009/10/23

参照情報

CVE: CVE-2010-0654, CVE-2010-1205, CVE-2010-1206, CVE-2010-1208, CVE-2010-1209, CVE-2010-1211, CVE-2010-1212, CVE-2010-1214, CVE-2010-2751, CVE-2010-2752, CVE-2010-2753, CVE-2010-2754

BID: 41842, 41845, 41849, 41852, 41853, 41859, 41860, 41865, 41871, 41872, 41968

Secunia: 40688

CWE: 94