Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:openssl(MDVSA-2009:239)

medium Nessus プラグイン ID 48153

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

openssl で複数の脆弱性が発見され、修正されました:

OpenSSL 1.0.0 Beta 2 において、dtls1_retrieve_buffered_fragment 関数にある use-after-free の脆弱性により、リモートの攻撃者がサービス拒否(openssl s_client のクラッシュ)を引き起こしたり、DTLS パケットを通じてその他の詳細不明の影響を及ぼしたりする可能性があります。これは、細工されたサーバー証明書を使用するサーバーからのパケットによって実証されています(CVE-2009-1379)。

1.0.0 Beta 2 より前の OpenSSL において、ssl/d1_both.c にある dtls1_retrieve_buffered_fragment 関数により、リモートの攻撃者が、フラグメントバグに関連した、順序が誤った DTLS ハンドシェイクメッセージを介して、サービス拒否(NULL ポインターデリファレンスとデーモンクラッシュ)を引き起こすことが可能です。
(CVE-2009-1387)

Firefox で使用されている 3.12.3 より前の NSS ライブラリ、2.6.4 および 2.7.4 より前の GnuTLS、OpenSSL 0.9.8 ~ 0.9.8k、およびその他の製品は、X.509 証明書で MD2 をサポートしています。これにより、リモートの攻撃者が、MD2 の設計欠陥を利用して証明書を偽装し、ブルートフォースより短い時間でハッシュ衝突を引き起こす可能性があります。注:必要な計算量が依然として膨大であるため、この問題の範囲は現在制限されています(CVE-2009-2409)。

この更新は、これらの脆弱性のソリューションを提供します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 48153

ファイル名: mandriva_MDVSA-2009-239.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

公開日: 2010/7/30

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.1

Temporal Score: 4

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl0.9.8, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl0.9.8-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl0.9.8-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl0.9.8, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl0.9.8-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl0.9.8-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:openssl, cpe:/o:mandriva:linux:2009.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2009/9/22

参照情報

CVE: CVE-2009-1379, CVE-2009-1387, CVE-2009-2409

BID: 35138, 35417

MDVSA: 2009:239

CWE: 310, 399