Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:libpng(MDVSA-2010:133)

high Nessus プラグイン ID 48192

言語:

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

libpng に複数の脆弱性が発見され、修正されています:

1.2.33 rc02 より前の libpng および 1.4.0 beta36 より前の libpng における pngrutil.c の png_handle_tEXt 関数のメモリ漏洩により、コンテキスト依存の攻撃者は、細工された PNG ファイルからサービス拒否(メモリ枯渇)を引き起こすことが可能です(CVE-2008-6218)。

プログレッシブアプリケーションで使用される、1.2.44 より前の libpng および 1.4.3 より前の libpng 1.4.x の pngread.c のバッファオーバーフローにより、リモートの攻撃者が、追加データ行を発生させる PNG 画像から任意のコードを実行できる可能性があります(CVE-2010-1205)。

1.2.44 より前の libpng および 1.4.3 より前の libpng 1.4.x の pngrutil.c におけるメモリ漏洩により、リモートの攻撃者は、無効な形式の物理スケール(別名 sCAL)チャンクを含む PNG 画像を通じて、サービス拒否(メモリ消費とアプリケーションクラッシュ)を引き起こすことが可能です(CVE-2010-2249)。

予防措置の htmldoc は、CS4 および 2008.0 のシステム libpng ライブラリにリンクするために再ビルドされています。最新の xulrunner および mozilla-thunderbird は、2008.0 の予防措置としてパッチされています。2009.0 およびそれ以降では、システム libpng ライブラリが、バンドル化されたコピーの代わりに使用されています。したがって、htmldoc、xulrunner、および mozilla-thunderbird のパッケージも、このアドバイザリで提供されています。

拡張メンテナンスプログラムにより、2008.0 および 2009.0 のパッケージが提供されています。詳細については、以下のサイトにアクセスしてください:
http://store.mandriva.com/product_info.php?cPath=149&products_id=4 90

更新パッケージには、これらの問題を修正するため、パッチが適用されています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 48192

ファイル名: mandriva_MDVSA-2010-133.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

公開日: 2010/7/30

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:htmldoc, p-cpe:/a:mandriva:linux:htmldoc-nogui, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64png-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64png-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64png3, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64xulrunner-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64xulrunner1.9.2.6, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng-source, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng3, p-cpe:/a:mandriva:linux:libxulrunner-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libxulrunner1.9.2.6, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird, p-cpe:/a:mandriva:linux:mozilla-thunderbird-enigmail, p-cpe:/a:mandriva:linux:nsinstall, p-cpe:/a:mandriva:linux:xulrunner, cpe:/o:mandriva:linux:2008.0, cpe:/o:mandriva:linux:2009.0, cpe:/o:mandriva:linux:2009.1, cpe:/o:mandriva:linux:2010.0, cpe:/o:mandriva:linux:2010.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/7/15

参照情報

CVE: CVE-2008-6218, CVE-2010-1205, CVE-2010-2249

BID: 31920, 41174

MDVSA: 2010:133

CWE: 399