SuSE 10 セキュリティ更新:OpenSSL(ZYPP パッチ番号 6655)

medium Nessus プラグイン ID 49908

概要

リモート SuSE 10 ホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

この更新前に openssl に実装された TLS/SSLv3 プロトコルは、再ネゴシエートされた接続にデータを関連付けることができませんでした。これにより、気付かれずに、中間者攻撃者が HTTPS セッションに HTTP リクエストを注入することができます。例えば、Apache の mod_ssl は openssl を利用するため、この種類の攻撃に対して脆弱でした。この更新により再ネゴシエーションは無効となり、場合によっては問題を引き起こす可能性があることに留意してください。(CVE-2009-3555: CVSS v2 ベーススコア:6.4)

ソリューション

ZYPP パッチ番号 6655 を適用してください。

関連情報

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2009-3555.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 49908

ファイル名: suse_openssl-6655.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/10/11

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5.8

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:suse:suse_linux

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

パッチ公開日: 2009/11/12

参照情報

CVE: CVE-2009-3555

CWE: 310