RHEL 4 / 5:java-1.6.0-sun(RHSA-2010:0770)

critical Nessus プラグイン ID 49990

言語:

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

いくつかのセキュリティ問題を修正する、更新済みの java-1.6.0-sun パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 4 Extras および 5 Supplementary で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新によるセキュリティ上の影響が重大だと評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Sun 1.6.0 Java リリースには、Sun Java 6 Runtime Environment および Sun Java 6 ソフトウェア開発キットが含まれています。

この更新は、Sun Java 6 Runtime Environment および Sun Java 6 ソフトウェア開発キットのいくつかの脆弱性を修正します。これらの欠陥の詳細については「Oracle Java SE and Java for Business Critical Patch Update Advisory」ページの「参照」セクションをを参照してください。(CVE-2010-1321、CVE-2010-3541、CVE-2010-3548、 CVE-2010-3549、CVE-2010-3550、CVE-2010-3551、 CVE-2010-3552、CVE-2010-3553、CVE-2010-3554、 CVE-2010-3555、CVE-2010-3556、CVE-2010-3557、 CVE-2010-3558、CVE-2010-3559、CVE-2010-3560、 CVE-2010-3561、CVE-2010-3562、CVE-2010-3563、 CVE-2010-3565、CVE-2010-3566、CVE-2010-3567、 CVE-2010-3568、CVE-2010-3569、CVE-2010-3570、 CVE-2010-3571、CVE-2010-3572、CVE-2010-3573、 CVE-2010-3574)

TLS/SSL(Transport Layer Security/Secure Sockets Layer)プロトコルで、再ネゴシエーションを無効にしてセッション再ネゴシエーションを処理する方法で、RHSA-2010:0337 更新により中間者攻撃が緩和されます。
この更新は、RFC 5746 で定義されているように TLS 再ネゴシエーションインディケーション拡張を実行し、更新されたクライアントとサーバーの間でセキュアな再ネゴシエーションを可能にします。(CVE-2009-3555)

java-1.6.0-sun のユーザーは、これらの問題を解決する、これらの更新パッケージにアップグレードする必要があります。更新を有効にするには、 Sun Java のすべての実行しているインスタンスを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2009-3555

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-1321

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3541

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3548

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3549

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3550

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3551

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3552

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3553

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3554

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3555

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3556

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3557

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3558

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3559

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3560

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3561

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3562

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3563

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3565

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3566

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3567

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3568

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3569

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3570

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3571

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3572

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3573

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3574

http://www.nessus.org/u?bc96963b

https://access.redhat.com/articles/20490

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2010:0770

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 49990

ファイル名: redhat-RHSA-2010-0770.nasl

バージョン: 1.36

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/10/15

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.6.0-sun, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.6.0-sun-demo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.6.0-sun-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.6.0-sun-jdbc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.6.0-sun-plugin, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.6.0-sun-src, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4.8, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/14

脆弱性公開日: 2009/11/9

エクスプロイト可能

CANVAS (D2ExploitPack)

Core Impact

Metasploit (Sun Java Web Start BasicServiceImpl Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2009-3555, CVE-2010-1321, CVE-2010-3541, CVE-2010-3548, CVE-2010-3549, CVE-2010-3550, CVE-2010-3551, CVE-2010-3552, CVE-2010-3553, CVE-2010-3554, CVE-2010-3555, CVE-2010-3556, CVE-2010-3557, CVE-2010-3558, CVE-2010-3559, CVE-2010-3560, CVE-2010-3561, CVE-2010-3562, CVE-2010-3563, CVE-2010-3565, CVE-2010-3566, CVE-2010-3567, CVE-2010-3568, CVE-2010-3569, CVE-2010-3570, CVE-2010-3571, CVE-2010-3572, CVE-2010-3573, CVE-2010-3574

BID: 40235, 43965, 43971, 43979, 43985, 43988, 43992, 43994, 43999, 44009, 44011, 44012, 44013, 44014, 44016, 44017, 44020, 44021, 44023, 44024, 44026, 44027, 44028, 44030, 44032, 44035, 44038, 44040

RHSA: 2010:0770

CWE: 310