RHEL 3 / 4 / 5:java-1.4.2-ibm(RHSA-2010:0786)

critical Nessus プラグイン ID 50078

言語:

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティ問題を解決する更新済みの java-1.4.2-ibm パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 3 Extras、Red Hat Enterprise Linux 4 Extras、および Red Hat Enterprise Linux 5 Supplementary で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新によるセキュリティ上の影響が重大だと評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

IBM 1.4.2 SR13-FP6 Java リリースには、IBM Java 2 Runtime Environment および IBM Java 2 ソフトウェア開発キットが含まれています。

この更新は、IBM Java 2 Runtime Environment および IBM Java 2 ソフトウェア開発キットの複数の脆弱性を修正します。これらの脆弱性については「参照」セクションの IBM「セキュリティの警告」ページにまとめられています。- CVE-2010-3541、CVE-2010-3548、CVE-2010-3549、CVE-2010-3551、CVE-2010-3553、CVE-2010-3556、CVE-2010-3557、CVE-2010-3562、CVE-2010-3565、CVE-2010-3568、CVE-2010-3569、CVE-2010-3571、CVE-2010-3572:

TLS/SSL(Transport Layer Security/Secure Sockets Layer)プロトコルで、再ネゴシエーションを無効にしてセッション再ネゴシエーションを処理する方法で、RHSA-2010:0155 更新により中間者攻撃が緩和されます。
この更新は、RFC 5746 で定義されているように TLS 再ネゴシエーションインディケーション拡張を実行し、更新されたクライアントとサーバーの間でセキュアな再ネゴシエーションを可能にします。(CVE-2009-3555)

java-1.4.2-ibm のユーザーはすべて、IBM 1.4.2 SR13-FP6 Java リリースが含まれる、これらの更新済みパッケージにアップグレードすることが推奨されます。更新を有効にするには、IBM Java のすべての実行中のインスタンスを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2009-3555

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3541

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3548

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3549

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3551

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3553

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3556

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3557

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3562

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3565

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3568

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3569

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3571

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3572

https://developer.ibm.com/javasdk/support/security-vulnerabilities/

https://access.redhat.com/articles/20490

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2010:0786

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 50078

ファイル名: redhat-RHSA-2010-0786.nasl

バージョン: 1.27

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/10/21

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm-demo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm-javacomm, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm-jdbc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm-plugin, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:java-1.4.2-ibm-src, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:3, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:4.8, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/20

脆弱性公開日: 2009/11/9

参照情報

CVE: CVE-2009-3555, CVE-2010-3541, CVE-2010-3548, CVE-2010-3549, CVE-2010-3551, CVE-2010-3553, CVE-2010-3556, CVE-2010-3557, CVE-2010-3562, CVE-2010-3565, CVE-2010-3568, CVE-2010-3569, CVE-2010-3571, CVE-2010-3572

BID: 36935, 43965, 43971, 43979, 43985, 44009, 44012, 44014, 44016, 44017, 44027, 44028, 44030, 44032, 44035

RHSA: 2010:0786

CWE: 310