Firefox 3.6 < 3.6.11 複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 50085

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Windows ホストに含まれる Web ブラウザは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

Firefox 3.6 のインストールされているバージョンは、3.6.11 より前です。上記のバージョンは以下のセキュリティ問題の影響を受ける可能性があります。

- 複数のメモリ安全性バグにより、メモリの破損が発生することがあり、任意のコードが実行される可能性があります。(MFSA 2010-64)

- 「document.write」に極端に長い文字列を渡すことによって、バッファオーバーフローの状態が引き起こされ、リモートシステムで任意のコードが実行される可能性があります。(MFSA 2010-65)

- nsBarProp の use-after-free エラーにより、リモートシステム上で任意のコードを実行できる可能性があります。
(MFSA 2010-66)

- LookupGetterOrSetter のダングリングポインター脆弱性により、任意のコードを実行できる可能性があります。(MFSA 2010-67)

- Gopher パーサーは、クロスサイトスクリプティング脆弱性の影響を受けます。(MFSA 2010-68)

- モーダル呼び出しを使用して、別のドメインのサイトから情報が盗まれる可能性があります。(MFSA 2010-69)

- ワイルドカードの後にリモートホストの IP アドレスの一部が続く共通名で SSL 証明書が作成された場合、そのリモートホストへの有効な SSL 接続を確立することが可能です。
(MFSA 2010-70)

- Windows プラットフォーム上の外部ライブラリのロードに使用される関数により、安全でない DLL のロードが可能になります。これにより、バイナリプランティング攻撃が実行される可能性があります。(MFSA 2010-71)

- SSL 実装により、サーバーは非常に短いキーの長さで「ディフィー・ヘルマン・エフェメラル」モード(DHE)を使用できます。そのようなキー長は、最新のハードウェアによって容易に破壊される可能性があります。(MFSA 2010-72)

ソリューション

Firefox 3.6.11 以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.westpoint.ltd.uk/advisories/wp-10-0001.txt

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-10-219/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-64/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-65/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-66/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-67/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-68/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-69/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-70/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-71/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2010-72/

http://www.nessus.org/u?ebdf7518

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 50085

ファイル名: mozilla_firefox_3611.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2010/10/21

更新日: 2018/11/15

依存関係: mozilla_org_installed.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: Mozilla/Firefox/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/19

脆弱性公開日: 2010/8/14

参照情報

CVE: CVE-2010-3170, CVE-2010-3173, CVE-2010-3175, CVE-2010-3176, CVE-2010-3177, CVE-2010-3178, CVE-2010-3179, CVE-2010-3180, CVE-2010-3181, CVE-2010-3183

BID: 42817, 44243, 44245, 44247, 44248, 44249, 44250, 44252, 44253

Secunia: 41244