Debian DSA-2122-1:glibc - 入力サニタイズの欠落

high Nessus プラグイン ID 50309

言語:

概要

リモート Debian ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

Ben Hawkes 氏と Tavis Ormandy 氏は、GNU libc の動的ローダーにより、ローカルユーザーが、細工された LD_AUDIT 環境変数を使用して、root 権限を取得する可能性があることを発見しました。

ソリューション

glibc パッケージをアップグレードしてください。

安定版(stable)ディストリビューション(lenny)では、この問題はバージョン 2.7-18lenny6 で修正されました。

今後リリースされる安定版(stable)ディストリビューション(squeeze)では、この問題は eglibc パッケージのバージョン 2.11.2-6+squeeze1 で修正されました。

関連情報

https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=600667

https://www.debian.org/security/2010/dsa-2122

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 50309

ファイル名: debian_DSA-2122.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/10/24

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.2

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:glibc, cpe:/o:debian:debian_linux:5.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/22

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (glibc LD_AUDIT Arbitrary DSO Load Privilege Escalation)

参照情報

CVE: CVE-2010-3847, CVE-2010-3856

BID: 44154

DSA: 2122