Fedora 12:gnucash-2.2.9-5.fc12(2010-16622)

medium Nessus プラグイン ID 50420

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Fedora ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

この更新により、別のユーザーが書込みアクセス権を持つディレクトリから実行されるとセキュリティ問題が引き起こされる可能性のある、不要なファイルが削除されます。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける gnucash パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=644933

http://www.nessus.org/u?6e49cc21

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 50420

ファイル名: fedora_2010-16622.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/11/1

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:gnucash, cpe:/o:fedoraproject:fedora:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

パッチ公開日: 2010/10/22

参照情報

CVE: CVE-2010-3999

FEDORA: 2010-16622