Fedora 12:firefox-3.5.15-1.fc12 / galeon-2.0.7-27.fc12 / gnome-python2-extras-2.25.3-22.fc12 / etc(2010-16885)

high Nessus プラグイン ID 50422

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートの Fedora ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

以下の Upstream アドバイザリで詳述されている複数のセキュリティ問題を修正する、新しい Upstream Firefox バージョン 3.5.15 に更新してください:

- http://www.mozilla.org/security/known-vulnerabilities/firefox35.html#firefox3.5.14

- http://www.mozilla.org/security/known-vulnerabilities/firefox35.html#firefox3.5.15

更新には、Firefox/XULRunner の新しいバージョンに対して再構築された gecko-libs に依存するパッケージも含まれています。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?5e2e67ea

http://www.nessus.org/u?c331941d

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642272

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642275

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642277

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642283

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642286

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642290

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642294

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=642300

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=646997

http://www.nessus.org/u?b38de3df

http://www.nessus.org/u?f01fc443

http://www.nessus.org/u?413f0147

http://www.nessus.org/u?5084c6e0

http://www.nessus.org/u?cd4f6a09

http://www.nessus.org/u?e237b4ed

http://www.nessus.org/u?7b4c5e7c

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 50422

ファイル名: fedora_2010-16885.nasl

バージョン: 1.22

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/11/1

更新日: 2021/1/11

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.8

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:firefox, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:galeon, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:gnome-python2-extras, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:gnome-web-photo, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:mozvoikko, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:perl-Gtk2-MozEmbed, p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:xulrunner, cpe:/o:fedoraproject:fedora:12

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/28

脆弱性公開日: 2010/10/21

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Metasploit (Mozilla Firefox Interleaved document.write/appendChild Memory Corruption)

参照情報

CVE: CVE-2010-3175, CVE-2010-3176, CVE-2010-3177, CVE-2010-3178, CVE-2010-3179, CVE-2010-3180, CVE-2010-3182, CVE-2010-3183, CVE-2010-3765

BID: 44243, 44245, 44247, 44248, 44249, 44251, 44252, 44253, 44425

FEDORA: 2010-16885