HP Systems Insight Managerの複数の製品の認証バイパス

high Nessus プラグイン ID 50563
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートホストに、認証バイパスの脆弱性の影響を受ける Web アプリケーションがあります。

説明

リモートホストには、認証バイパスの脆弱性の影響を受ける HP Systems Insight Manager プラグインが含まれています。HEAD リクエストを使用することで、制限されたページにアクセスすることが可能です。リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用して、影響を受けるアプリケーションに対する未承認のアクセス権を取得する可能性があります。

ソリューション

適切なベンダー参照のソリューションを適用してください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/research/tra-2010-03

http://www.nessus.org/u?0f1a6c6b

http://www.nessus.org/u?4bb9ab2d

http://www.nessus.org/u?da7cfcb3

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 50563

ファイル名: hp_sim_plugins_authentication_bypass.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: remote

ファミリー: CGI abuses

公開日: 2010/11/11

更新日: 2021/1/19

依存関係: hp_systems_insight_control_detect.nasl, hp_systems_insight_dynamics_detect.nasl, hp_systems_insight_manager_detect.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.4

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

Temporal Score: 6.2

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:hp:virtual_connect_enterprise_manager

除外される KB アイテム: Settings/disable_cgi_scanning

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/10/21

参照情報

CVE: CVE-2010-3986, CVE-2010-4100, CVE-2010-4103

BID: 44326, 44532, 44583

TRA: TRA-2010-03

Secunia: 41926, 42000, 42038