Adobe AIR < 2.5.1 複数の脆弱性(APSB10-26)

high Nessus プラグイン ID 50604

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート Windows ホストに、複数の脆弱性の影響を受けるバージョンの Adobe AIR が含まれています。

説明

リモート Windows ホストに、2.5.1 より前のバージョンの Adobe AIR が含まれています。そのようなバージョンは、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- サーバーの特定のエンコーディングでも、入力の検証にエラーが存在するため、クロスドメインポリシーのファイル制限に違反することを引き起こします。(CVE-2010-3636)

- 詳細不明なエラーが存在するため、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-3639)

- ライブラリのロードロジックにエラーが存在するため、任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-3976)

- 複数のメモリ破損の脆弱性が存在するため、任意のコードの実行を引き起こす可能性があります。
(CVE-2010-3637、CVE-2010-3640、 CVE-2010-3641、CVE-2010-3642、CVE-2010-3643、 CVE-2010-3644、CVE-2010-3645、CVE-2010-3646、 CVE-2010-3647、CVE-2010-3648、CVE-2010-3649、 CVE-2010-3650、CVE-2010-3652、CVE-2010-3654)

ソリューション

Adobe AIR 2.5.1 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb10-26.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 50604

ファイル名: adobe_air_apsb10-26.nasl

バージョン: 1.13

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2010/11/15

更新日: 2018/6/27

依存関係: adobe_air_installed.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:air

必要な KB アイテム: SMB/Adobe_AIR/Version, SMB/Adobe_AIR/Path

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/11/4

脆弱性公開日: 2010/9/10

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Core Impact

Metasploit (Adobe Flash Player "Button" Remote Code Execution)

参照情報

CVE: CVE-2010-3636, CVE-2010-3637, CVE-2010-3639, CVE-2010-3640, CVE-2010-3641, CVE-2010-3642, CVE-2010-3643, CVE-2010-3644, CVE-2010-3645, CVE-2010-3646, CVE-2010-3647, CVE-2010-3648, CVE-2010-3649, CVE-2010-3650, CVE-2010-3652, CVE-2010-3654, CVE-2010-3976

BID: 44504, 44671, 44675, 44677, 44678, 44679, 44680, 44681, 44682, 44683, 44684, 44685, 44686, 44687, 44690, 44691, 44692

CERT: 298081

Secunia: 41917