RHEL 6:krb5(RHSA-2010:0925)

medium Nessus プラグイン ID 50852

言語:

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

複数のセキュリティの問題および 1 つのバグを修正する更新済みの krb5 パッケージが、Red Hat Enterprise Linux 6 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Kerberos は、クライアントおよびサーバーが対称キー暗号化および信頼されているサードパーティの Key Distribution Center(KDC)を使用して、それぞれに対して認証を行うことができるようになるネットワーク認証システムです。

MIT Kerberos の実装において、複数のチェックサム検証の欠陥が見つかりました。リモートの攻撃者がこれらの欠陥を利用して、特定の Kerberos プロトコルパケットを改ざんし、認証または承認メカニズムをバイパスしたり、権限を昇格したりする可能性があります。
(CVE-2010-1323、 CVE-2010-1324、CVE-2010-4020)

Red Hat は、これらの問題を報告してくれた MIT Kerberos チームに感謝の意を表します。

この更新では以下のバグも修正されます。

* PKINIT 事前認証を実行しようとする際に、クライアントが 2 名以上の潜在的な候補の証明書を保持している場合、クライアントが使用する証明書と鍵の選択に失敗する可能性があります。これは通常、証明書の選択が keyUsage 拡張の値を使用するように構成されているか、候補の証明書のいずれかに subjectAltName 拡張が含まれない場合に発生していました。結果として、クライアントが、異なる(通常はパスワードベースの)メカニズムを使用して、事前認証を実行しようとしました。(BZ#644825)

krb5 の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、これらの問題を修正する必要があります。更新済みパッケージのインストール後、krb5kdc デーモンが自動的に再起動されます。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-1323

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-1324

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-4020

http://web.mit.edu/Kerberos/advisories/MITKRB5-SA-2010-007.txt

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2010:0925

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 50852

ファイル名: redhat-RHSA-2010-0925.nasl

バージョン: 1.27

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/12/1

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.7

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

CVSS v3

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.3

Temporal Score: 5.5

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:L/I:L/A:L

現状ベクトル: E:U/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:krb5-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:krb5-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:krb5-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:krb5-pkinit-openssl, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:krb5-server, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:krb5-server-ldap, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:krb5-workstation, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2010/11/30

脆弱性公開日: 2010/12/2

参照情報

CVE: CVE-2010-1323, CVE-2010-1324, CVE-2010-4020, CVE-2010-4021

BID: 45116, 45117, 45118

RHSA: 2010:0925