SuSE 11 / 11.1 セキュリティ更新:CUPS(SAT パッチ番号 3575 / 3576)

high Nessus プラグイン ID 50983

言語:

New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート SuSE 11 ホストに1つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

この更新はいくつかのバグを修正しますが、ここではセキュリティの修正のみが記載されています:

- 特別な IPP リクエストにより、リモートで cupsd をクラッシュさせる可能性があります。
(CVE-2010-2941:CVSS v2 ベーススコア:3.3(AV:A/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P):CWE-399)

- NULL ポインターディリファレンスが、texttops 画像フィルターの _WriteProlog() 関数に存在します。(CVE-2010-0542:
CVSS v2 ベーススコア:6.8(AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P):
CWE-264)

- Web インターフェイスへのアクセス権がある攻撃者が、初期化されていないメモリの一部のバイトを読み取る可能性があります。
(CVE-2010-1748:CVSS v2 ベーススコア:4.3(AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N):CWE-119)

ソリューション

必要に応じて、SAT パッチ番号 3575 / 3576 を適用してください。

関連情報

https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=649256

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2010-0542.html

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2010-1748.html

http://support.novell.com/security/cve/CVE-2010-2941.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 50983

ファイル名: suse_11_cups-101119.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/12/6

更新日: 2021/1/14

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.9

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:cups, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:cups-client, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:cups-libs, p-cpe:/a:novell:suse_linux:11:cups-libs-32bit, cpe:/o:novell:suse_linux:11

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/SuSE/release, Host/SuSE/rpm-list

パッチ公開日: 2010/11/19

参照情報

CVE: CVE-2010-0542, CVE-2010-1748, CVE-2010-2941

CWE: 119, 264, 399