ProFTPD の易感染性ソースパッケージのトロイの木馬で破壊された配布

high Nessus プラグイン ID 50989

概要

FTP サーバーに含まれているバックドアにより、任意のコードを実行できます。

説明

Unix および Linux 用の無料の FTP サーバーである ProFTPD が、リモートホストで使用されています。

リモートホストにインストールされているバージョンの ProFTPD は、「src/help.c」にバックドアがある状態でコンパイルされており、ProFTPD プロジェクトのメインディストリビューションサーバーで 2010 年 11 月 28 日 20:00 UTC 頃に発生し、2010 年 12 月 2 日まで対処されなかった、セキュリティ破壊と関連しているようです。

特殊な HELP コマンドを送信することで、認証されていないリモート攻撃者は、シェルを取得してシステム権限で任意のコマンドを実行できます。

セキュリティを破壊された配布ファイルには、初期の構成ステップの一部として実行され、特殊な HTTP リクエストをサウジアラビアのサーバーに送信したコードも含まれていることに、注意してください。このインストールされているソフトウェアがソースから構築されている場合、バックドアの作成者がすでにそのことに気付いていると考えることをお勧めします。

ソリューション

既知の良好なソースからホストを再インストールしてください。

関連情報

https://www.theregister.co.uk/2010/12/02/proftpd_backdoored/

https://xorl.wordpress.com/2010/12/02/news-proftpd-owned-and-backdoored/

http://www.nessus.org/u?74de525d

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 50989

ファイル名: proftpd_1_3_3c_backdoor.nasl

バージョン: 1.16

タイプ: remote

ファミリー: FTP

公開日: 2010/12/6

更新日: 2020/3/27

リスク情報

CVSS スコアの根本的理由: Score from a more in depth analysis done by tenable

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.3

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: manual

CVSS v3

リスクファクター: High

Base Score: 8.8

Temporal Score: 8.2

ベクトル: CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:R/S:U/C:H/I:H/A:H

現状ベクトル: E:F/RL:O/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:proftpd:proftpd

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2010/12/2

脆弱性公開日: 2010/12/2

エクスプロイト可能

Metasploit (ProFTPD-1.3.3c Backdoor Command Execution)

参照情報

BID: 45150

EDB-ID: 15662