QuickTime < 7.6.9 複数の脆弱性(Mac OS X)

high Nessus プラグイン ID 51061

言語:

概要

リモートの Mac OS X ホストに、複数の脆弱性の影響を受けるアプリケーションがあります。

説明

リモートの Mac OS X ホストにインストールされている QuickTime のバージョンが 7.6.9 以前です。これらのバージョンには、以下のような複数の脆弱性が含まれています:

- QuickTime による JP2 画像の処理におけるヒープバッファオーバーフローにより、アプリケーションのクラッシュや任意のコードの実行が引き起こされる可能性があります。(CVE-2010-3787)

- QuickTime が JP2、FlashPix、および GIF の画像を処理する際の初期化されていないメモリアクセスの問題により、アプリケーションのクラッシュや任意のコードの実行を引き起こす場合があります。(CVE-2010-3788、 CVE-2010-3794、CVE-2010-3795)

- QuickTime が AVI ファイル、動画ファイル、Sorenson でエンコードされた動画ファイル、PICT ファイル、FlashPix 画像、および QTVR(QuickTime Virtual Reality)動画ファイルでパノラマアトムを処理する際のメモリ破損の問題により、アプリケーションのクラッシュや任意のコードの実行を引き起こす場合があります。(CVE-2010-3789、 CVE-2010-3790、CVE-2010-3793、CVE-2010-3800、 CVE-2010-3801、CVE-2010-3802)

- QuickTime が MPEG でエンコードされた動画ファイルを処理する際のバッファオーバーフローにより、アプリケーションのクラッシュや任意のコードの実行を引き起こす場合があります。(CVE-2010-3791)

- QuickTime による MPEG でエンコードされたムービーファイルの処理における符号エラーの問題により、アプリケーションがクラッシュしたり任意のコードが実行されたりする場合があります。(CVE-2010-3792)

- QuickTime が動画ファイルを処理する際の整数オーバーフローにより、アプリケーションのクラッシュや任意のコードの実行を引き起こす場合があります。(CVE-2010-4009)

ソリューション

QuickTime 7.6.9 またはそれ以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://support.apple.com/kb/HT4447

http://lists.apple.com/archives/security-announce/2010/Dec/msg00000.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 51061

ファイル名: macosx_Quicktime769.nasl

バージョン: 1.8

タイプ: local

エージェント: macosx

公開日: 2010/12/7

更新日: 2018/7/14

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:apple:quicktime

必要な KB アイテム: MacOSX/QuickTime/Version, Host/uname

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2010/12/7

脆弱性公開日: 2010/11/11

参照情報

CVE: CVE-2010-3787, CVE-2010-3788, CVE-2010-3789, CVE-2010-3790, CVE-2010-3791, CVE-2010-3792, CVE-2010-3793, CVE-2010-3794, CVE-2010-3795, CVE-2010-3800, CVE-2010-3801, CVE-2010-3802, CVE-2010-4009

BID: 44785, 44787, 44789, 44790, 44792, 44794, 44795, 44796, 44798, 45236, 45239, 45240, 45241