RHEL 5:bind(RHSA-2010:0976)

medium Nessus プラグイン ID 51154

言語:

概要

リモート Red Hat ホストに 1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

3 つのセキュリティ問題を修正する更新済みの bind パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 5 で現在利用可能です。

Red Hat セキュリティレスポンスチームは、この更新には重大なセキュリティ上の影響があると評価しています。詳細な重要度の評価を提供する Common Vulnerability Scoring System (CVSS)のベーススコアが、「参照」セクションの CVE リンクの各脆弱性に対して利用可能です。

Berkeley Internet Name Domain(BIND)は、ドメインネームシステム(DNS)プロトコルの実装です。BIND には、DNS サーバー(named)、リゾルバーライブラリ(DNS とインターフェイス接続する時に使用するアプリケーション用ルーチン)、および DNS サーバーが正常動作していることを検証するツールが含まれます。

同じエントリの NCACHE レコードをキャッシュに追加する時に、 named が以前キャッシュされた RRSIG レコードを無効にしないことがわかりました。再帰 DNS クエリを named に送信できるリモートの攻撃者が、この欠陥を利用して named をクラッシュさせる可能性があります。(CVE-2010-3613)

named の DNSSEC 検証コードに欠陥が見つかりました。named で複数のトラストアンカーがゾーンに対して構成されている場合、偽の署名でそのゾーン内のレコードのリクエストに応答すると、 named がクラッシュする可能性があります。(CVE-2010-3762)

特定の場合において、DNSKEY アルゴリズムのロールオーバーの途中で、 named がゾーンの NS RRset の DNSSEC 検証を正しく実行しないことがわかりました。これによりバリデーターが、ゾーンが安全でなく、DNSSEC によって保護されていないと誤って判断する可能性があります。(CVE-2010-3614)

BIND の全ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、これらの問題を解決することが推奨されます。更新のインストール後、BIND デーモン(named)が自動的に再起動します。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3613

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3614

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-3762

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2010:0976

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 51154

ファイル名: redhat-RHSA-2010-0976.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2010/12/14

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bind, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bind-chroot, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bind-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bind-libbind-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bind-libs, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bind-sdb, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:bind-utils, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:caching-nameserver, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2010/12/13

脆弱性公開日: 2010/10/5

参照情報

CVE: CVE-2010-3613, CVE-2010-3614, CVE-2010-3762

BID: 45133, 45137

RHSA: 2010:0976