Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:bind(MDVSA-2010:253)

medium Nessus プラグイン ID 51182

言語:

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

bind で、複数の脆弱性が発見され、修正されました:

9.6.2-P3 より前の ISC BIND 9.6.2、9.6-ESV-R3 より前の 9.6-ESV、9.7.2-P3 より前の 9.7.x の named が、署名否定応答とキャッシュの対応する RRSIG レコードの組み合わせを適切に処理しません。これにより、リモートの攻撃者が、キャッシュデータのクエリによりサービス拒否(デーモンクラッシュ)を引き起こす可能性があります(CVE-2010-3613)。

9.6.2-P3 より前の ISC BIND 9.x、9.7.2-P3 より前の 9.7.x、9.4-ESV-R4 より前の 9.4-ESV、9.6-ESV-R3 より前の 9.6-ESV の named が、NS RRset のセキュリティステータスを DNSKEY アルゴリズムロールオーバー中に適切に判断しません。これにより、リモートの攻撃者が、ロールオーバーを発生させることにより、サービス拒否(DNSSEC 検証エラー)を引き起こす可能性があります(CVE-2010-3614)。

9.7.2-P2 より前の ISC BIND が、DNSSEC 検証が有効化されているときに、単一のゾーンに対して複数のトラストアンカーが存在する場合、特定の不適切な署名を適切に処理しません。これによりリモートの攻撃者が、DNS クエリでサービス拒否(デーモンクラッシュ)を引き起こす可能性があります(CVE-2010-3762)。

2009.0 用のパッケージは、拡張メンテナンスプログラム以降に提供されます。詳細については、以下のサイトにアクセスしてください:
http://store.mandriva.com/product_info.php?cPath=149&products_id=4 90

Corporate Server 4.0 用の更新済みパッケージにパッチが適用され、これらの問題が対処されました。

Mandriva Linux 2009.0、2010.0 aと Mandriva Linux Enterprise Server 5.1 の更新済みパッケージが、bind-9.6.2-P3 にアップグレードされ、CVE-2010-3762 のセキュリティ問題に対処するためにパッチが適用されました。

Mandriva Linux 2010.1 用の更新済みパッケージが、これらの問題に対して脆弱でない -bind-9.7.2-P3 にアップグレードされました。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 51182

ファイル名: mandriva_MDVSA-2010-253.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

公開日: 2010/12/15

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 4.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:bind, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-doc, p-cpe:/a:mandriva:linux:bind-utils, cpe:/o:mandriva:linux:2009.0, cpe:/o:mandriva:linux:2010.0, cpe:/o:mandriva:linux:2010.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2010/12/14

参照情報

CVE: CVE-2010-3613, CVE-2010-3614, CVE-2010-3762

BID: 45133, 45137, 45385

MDVSA: 2010:253