Google Chrome < 8.0.552.237の複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 51511

概要

リモートホストに含まれるWebブラウザは複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

リモートホストにインストールされているGoogle Chromeのバージョンは、8.0.552.237より前です。このようなバージョンは、報告されているところによれば、以下の複数の脆弱性の影響を受けます。

- 拡張機能通知の処理にブラウザのクラッシュが存在します。(問題#58053)

- ノードの繰り返しに不良なポインターの処理が存在します。
(問題#65764)

- multi-page PDF を印刷する際に、複数のクラッシュが存在します。
(問題#66334)

- CSS + キャンバスに関する古いポインターが存在します。(問題#66560)

- CSS + カーソルに関する古いポインターが存在します。
(問題#66748)

- PDF の処理に use-after-free のエラーが存在します。
(問題#67100)

- PDF メモリ不足状態の後に、スタック破損のエラーが存在します。(問題#67208)

- 一致しないビデオフレームサイズを処理する際に、不良なメモリアクセスの問題が存在します。(問題#67303)

- SVG 使用要素に関する古いポインターが存在します。
(問題#67363)

- ブラウザに、悪意のある拡張機能により誘発される、初期化されていないポインターが存在します。(問題#67393)

- Vorbis デコーダーに複数のバッファオーバーフローが存在します。
(問題#68115)

- PDF シェーディングにバッファオーバーフローが存在します。(問題#68170)

- アンカーの処理に不良なキャストが存在します。(問題#68178)

- 動画の処理に不良なキャストが存在します。(問題#68181)

- DOM ノードを削除した後に、古いレンダリングノードが存在します。
(問題#68439)

- 音声認識の処理に古いポインターが存在します。
(問題#68666)

ソリューション

Google Chrome 8.0.552.237 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?f28df712

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 51511

ファイル名: google_chrome_8_0_552_237.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2011/1/13

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:google:chrome

必要な KB アイテム: SMB/Google_Chrome/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/1/12

脆弱性公開日: 2011/1/12

参照情報

CVE: CVE-2011-0470, CVE-2011-0471, CVE-2011-0472, CVE-2011-0473, CVE-2011-0474, CVE-2011-0475, CVE-2011-0476, CVE-2011-0477, CVE-2011-0478, CVE-2011-0479, CVE-2011-0480, CVE-2011-0481, CVE-2011-0482, CVE-2011-0483, CVE-2011-0484, CVE-2011-0485

BID: 45788, 47154

SECUNIA: 42850