Debian DSA-2147-1 : pimd - insecure temporary files

low Nessus プラグイン ID 51558
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

The remote Debian host is missing a security-related update.

説明

Vincent Bernat discovered that pimd, a multicast routing daemon, creates files with predictable names upon the receipt of particular signals.

ソリューション

Upgrade the pimd packages.

For the stable distribution (lenny), this problem has been fixed in version 2.1.0-alpha29.17-8.1lenny1.

関連情報

https://www.debian.org/security/2011/dsa-2147

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 51558

ファイル名: debian_DSA-2147.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/1/18

更新日: 2021/1/4

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 3.3

Temporal Score: 2.4

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:ND

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:debian:debian_linux:pimd, cpe:/o:debian:debian_linux:5.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/Debian/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/1/16

参照情報

CVE: CVE-2011-0007

BID: 45715

DSA: 2147