Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:openssl(MDVSA-2011: 028)

medium Nessus プラグイン ID 51992

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

openssl で脆弱性が見つかり、修正されました。

間違ってフォーマットされた ClientHello ハンドシェイクメッセージによって、OpenSSL がメッセージの終わりを越えて解析する可能性があります。これにより、攻撃者は無効なメモリアクセスのトリガーにより、OpenSSL を使用してアプリケーションをクラッシュすることができます。さらに、一部のアプリケーションは、解析済みの OCSP nonce 拡張のコンテンツの漏洩に脆弱である可能性があります(CVE-2011-0014)。

2009.0 用のパッケージは、拡張メンテナンスプログラム以降に提供されます。詳細については、以下のサイトにアクセスしてください:
http://store.mandriva.com/product_info.php?cPath=149 products_id=490

この問題を修正する更新済みパッケージが適用されています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://www.openssl.org/news/secadv/20110208.txt

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 51992

ファイル名: mandriva_MDVSA-2011-028.nasl

バージョン: 1.15

タイプ: local

公開日: 2011/2/16

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl-engines1.0.0, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl0.9.8, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl0.9.8-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl0.9.8-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl1.0.0, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl1.0.0-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64openssl1.0.0-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl-engines1.0.0, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl0.9.8, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl0.9.8-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl0.9.8-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl1.0.0, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl1.0.0-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libopenssl1.0.0-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:openssl, cpe:/o:mandriva:linux:2009.0, cpe:/o:mandriva:linux:2010.0, cpe:/o:mandriva:linux:2010.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

パッチ公開日: 2011/2/15

参照情報

CVE: CVE-2011-0014

MDVSA: 2011:028