ISC BIND 9.7.1-9.7.2-P3 IXFR/DDNS 更新と高クエリレートの結合による DoS

high Nessus プラグイン ID 52158

概要

リモートのネームサーバーは、サービス拒否の脆弱性の影響を受けます。

説明

自己報告バージョン番号によると、リモートにインストールされている BIND は、サービス拒否の脆弱性の影響を受けます。

権威サーバーが成功した IXFR 転送または動的更新を処理した後に、小さなタイムウィンドウがあります。この間に、クエリと連動している IXFR/更新がデッドロックを引き起こす可能性があります。
高クエリおよび/または更新レートを経験したサーバーは、デッドロックの確率がより高くなります。

ソリューション

BIND 9.7.3 以降にアップグレードしてください。

考えられる回避策は、例えば「-n1」フラグを使用して、BIND を単一のワーカースレッドに制限することです。

関連情報

https://www.isc.org/software/bind/advisories/cve-2011-0414

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 52158

ファイル名: bind9_973.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: remote

ファミリー: DNS

公開日: 2011/2/23

更新日: 2018/6/27

構成: パラノイドモードの有効化

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.1

Temporal Score: 5.3

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:isc:bind

必要な KB アイテム: bind/version, Settings/ParanoidReport

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/2/15

脆弱性公開日: 2011/2/22

参照情報

CVE: CVE-2011-0414

BID: 46491

CERT: 559980

Secunia: 43443