Ubuntu 8.04 LTS:linuxの脆弱性(USN-1072-1)

high Nessus プラグイン ID 52475

概要

リモートのUbuntuホストに1つまたは複数のセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

Gleb Napatov 氏は、KVM が権限のある特定の操作を正しくチェックしないことを発見しました。ゲストカーネルにアクセスできるローカルの攻撃者がこれを悪用してホストシステムをクラッシュさせ、サービス拒否につながる可能性があります。(CVE-2010-0435)

Dave Chinner 氏は、NFS によってエクスポートされる場合、XFS ファイルシステムが inode を適切に検索していないことを発見しました。リモートの攻撃者は、これを悪用して、ファイル割り当てを変更したり、リンクを解除したディスクブロックの読み書きを行い、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。
(CVE-2010-2943)

Dan Rosenberg 氏は、いくつかのネットワーク ioctl で、カーネルメモリが正しく消去されないことを発見しました。ローカルユーザーは、これを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取ることがあり、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-3296、CVE-2010-3297)

Dan Jacobson 氏は、ThinkPad の動画出力が適切にアクセスコントロールされなかったことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用してシステムのハングアップを引き起こし、サービス拒否につながる可能性があります。(CVE-2010-3448)

KVM が特定の CPU レジスターを適切に初期化しなかったことが発見されました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、システムをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす恐れがあります。(CVE-2010-3698)

Xen は、スレッドを間違ってクリーンアップしていることが判明しました。ゲストシステムにいるローカルの攻撃者は、これを悪用して、ホストシステムのリソースを使い果たす可能性があるため、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-3699)

Brad Spengler 氏は、新たなプロセス用のスタックメモリが正しく計算されないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、システムをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす恐れがあります。(CVE-2010-3858)

Dan Rosenberg 氏は、Linux カーネルの TIPC 実装に複数の整数符号エラーが含まれていることを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、root権限を得る恐れがあります。(CVE-2010-3859)

Dan Rosenberg 氏は、Linux カーネル X.25 実装が機能を正しく解析しないことを発見しました。リモートの攻撃者が、これを悪用してカーネルをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-3873)

Vasiliy Kulikov 氏は、Linux カーネル X.25 の実装がカーネルメモリを適切に消去しなかったことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。
(CVE-2010-3875)

Vasiliy Kulikov 氏は、Linux カーネルソケットの実装が特定の構成を適切に初期化しなかったことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-3876)

Vasiliy Kulikov 氏は、TIPC インターフェイスが特定の構成を適切に初期化しなかったことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。
(CVE-2010-3877)

Nelson Elhage 氏は、Linux カーネルの IPv4 の実装で、netlink メッセージでの特定のバイトコードが適切に監査されないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルのハングアップを引き起こし、サービス拒否を発生させる可能性があります。(CVE-2010-3880)

Kees Cook 氏と Vasiliy Kulikov 氏は、shm インターフェイスにより、カーネルメモリが消去されないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。
(CVE-2010-4072)

Dan Rosenberg 氏は、USB サブシステムが特定の構成を適切に初期化しなかったことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。
(CVE-2010-4074)

Dan Rosenberg 氏は、SiS ビデオドライバーがカーネルメモリを適切に消去しなかったことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-4078)

Dan Rosenberg 氏は、ivtv V4L ドライバーが特定の構造体を正しく初期化しないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。
(CVE-2010-4079)

Dan Rosenberg 氏は、RME Hammerfall DSP オーディオインターフェイスドライバーが、カーネルメモリを正しく消去しないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-4080、CVE-2010-4081)

Dan Rosenberg 氏は、semctl syscall がカーネルメモリを正しくクリアしないことを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、カーネルスタックメモリを読み取り、プライバシーの喪失を引き起こす可能性があります。(CVE-2010-4083)

James Bottomley 氏は、ICP vortex ストレージの配列コントローラードライバーが、特定のサイズの検証を行わなかったことを発見しました。64ビットシステム上のローカルの攻撃者は、これを悪用して、カーネルをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす恐れがあります。(CVE-2010-4157)

Dan Rosenberg 氏は、Linux カーネル L2TP 実装に複数の整数符号エラーが含まれていることを発見しました。ローカルの攻撃者がこれを悪用してカーネルをクラッシュさせたり、root 権限を取得したりする可能性があります。
(CVE-2010-4160)

マルチスレッド exec が CPU タイマーを適切に処理しなかったことが発見されました。ローカルの攻撃者がこれを悪用して、システムをクラッシュさせ、サービス拒否を引き起こす恐れがあります。(CVE-2010-4248)

注意: Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1072-1/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 52475

ファイル名: ubuntu_USN-1072-1.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/3/1

更新日: 2019/9/19

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.9

Temporal Score: 6.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:S/C:C/I:C/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:ND

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-doc-2.6.24, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6-386, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6-openvz, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6-rt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6-server, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6-virtual, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-headers-2.6-xen, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-386, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-lpia, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-lpiacompat, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-openvz, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-rt, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-server, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-virtual, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-2.6-xen, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-debug-2.6-386, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-debug-2.6-generic, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-debug-2.6-server, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-image-debug-2.6-virtual, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-kernel-devel, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-libc-dev, p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:linux-source-2.6.24, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:8.04:-:lts

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/2/25

脆弱性公開日: 2010/8/24

参照情報

CVE: CVE-2010-0435, CVE-2010-2943, CVE-2010-3296, CVE-2010-3297, CVE-2010-3448, CVE-2010-3698, CVE-2010-3699, CVE-2010-3858, CVE-2010-3859, CVE-2010-3873, CVE-2010-3875, CVE-2010-3876, CVE-2010-3877, CVE-2010-3880, CVE-2010-4072, CVE-2010-4074, CVE-2010-4078, CVE-2010-4079, CVE-2010-4080, CVE-2010-4081, CVE-2010-4083, CVE-2010-4157, CVE-2010-4160, CVE-2010-4248

BID: 38607, 42527, 42582, 43221, 43229, 43809, 43810, 44301, 44354, 44500, 44630, 44642, 44648, 44665, 44762, 45028, 45039, 45054, 45058, 45062, 45063, 45074

USN: 1072-1