MS11-016: Vulnerability in Microsoft Groove Could Allow Remote Code Execution (2494047)

high Nessus プラグイン ID 52584
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 7.4

概要

Arbitrary code can be executed on the remote host through Microsoft Office.

説明

The remote Windows host contains a version of Microsoft Groove 2007 that incorrectly restricts the path used for loading external libraries.

If an attacker can trick a user on the affected system into opening a specially crafted Groove-related file located in the same network directory as a specially crafted dynamic link library (DLL) file, he may be able to leverage this issue to execute arbitrary code subject to the user's privileges.

ソリューション

Microsoft has released a patch for Groove 2007.

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2011/ms11-016

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 52584

ファイル名: smb_nt_ms11-016.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2011/3/8

更新日: 2018/11/15

依存関係: smb_nt_ms02-031.nasl, ms_bulletin_checks_possible.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 7.4

CVSS v2.0

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.7

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:microsoft:groove

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/3/8

脆弱性公開日: 2010/8/25

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2010-3146

BID: 42695

EDB-ID: 14746

IAVB: 2011-B-0034

MSFT: MS11-016

MSKB: 2494047