SMTP サービスの STARTTLS 平文コマンドの注入

medium Nessus プラグイン ID 52611

概要

リモートメールサービスにより、平文コマンドを注入できる一方で、暗号化された通信チャンネルをネゴシエートできます。

説明

リモート SMTP サービスの STARTTLS 実装にソフトウェアの欠陥が含まれています。これにより、認証されていないリモート攻撃者が、平文プロトコルフェーズでコマンドを注入できることがあり、これが暗号文プロトコルフェーズで実行されます。

悪用に成功すると、攻撃者は、被害者のメールまたは関連する SASL(Simple Authentication and Security Layer)の認証情報を盗むことができる場合があります。

ソリューション

ベンダーに更新プログラムの有無を問い合わせてください。

関連情報

https://tools.ietf.org/html/rfc2487

https://www.securityfocus.com/archive/1/516901/30/0/threaded

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 52611

ファイル名: smtp_starttls_plaintext_injection.nasl

バージョン: 1.21

タイプ: remote

ファミリー: SMTP problems

公開日: 2011/3/10

更新日: 2019/3/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4

Temporal Score: 3.1

ベクトル: AV:N/AC:H/Au:N/C:P/I:P/A:N

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

脆弱性公開日: 2011/3/7

参照情報

CVE: CVE-2011-0411, CVE-2011-1430, CVE-2011-1431, CVE-2011-1432, CVE-2011-1506, CVE-2011-2165

BID: 46767

CERT: 555316