Google Chrome < 10.0.648.133 のコード実行

high Nessus プラグイン ID 52657

概要

リモートホストに、コード実行の脆弱性に影響されている Web ブラウザが含まれています。

説明

リモートホストにインストールされているGoogle Chromeのバージョンは、10.0.648.133より前です。これらのバージョンは、報告によれば、スタイル処理において、メモリ破損の脆弱性の影響を受けます。

ユーザーを騙して特別に細工された Web ページを開かせることで、認証されていないリモートの攻撃者が、影響を受けるアプリケーションを実行しているユーザーの権限範囲でホストで任意のスクリプトコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Google Chrome 10.0.648.133以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b03683f6

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 52657

ファイル名: google_chrome_10_0_648_133.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2011/3/14

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:google:chrome

必要な KB アイテム: SMB/Google_Chrome/Installed

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/3/14

脆弱性公開日: 2011/3/10

参照情報

CVE: CVE-2011-1290

BID: 46849

SECUNIA: 43748