Movicon TcpUploadServer のデータ漏洩(remote check)

medium Nessus プラグイン ID 52995

概要

リモートの SCADA サービスは、機密情報を漏洩します。

説明

リモートホストでリッスンしている、インストールされているバージョンの Movicon TcpUploadServer サービスは、情報漏洩の脆弱性の影響を受けます。特別に細工されたリクエストを送信することで、認証されていないリモートの攻撃者が、リモートシステムで利用可能なドライブを列挙する可能性があります。

Nessus は確認していませんが、インストールされているバージョンは、サービス拒否、任意のファイルの削除、および任意のコードの実行を含むその他の複数の脆弱性の影響も受ける可能性が高いです。

ソリューション

Movicon 11.2 ビルド 1084 または以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.us-cert.gov/control_systems/pdf/ICSA-11-056-01.pdf

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 52995

ファイル名: scada_movicon_tcpuploadserver_data_leakage.nbin

バージョン: 1.67

タイプ: remote

ファミリー: SCADA

公開日: 2011/3/25

更新日: 2024/5/20

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Medium

基本値: 5

現状値: 4.1

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/3/15

脆弱性公開日: 2011/3/15

参照情報

BID: 46907