MS11-019: Vulnerabilities in SMB Client Could Allow Remote Code Execution (2511455)

high Nessus プラグイン ID 53376
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

インストールされている SMB クライアントを介して、リモートホストで任意のコードを実行できます。

説明

リモートの Windows ホストにインストールされたバージョンの SMB クライアントソフトウェアは複数の脆弱性の影響を受ける可能性があります。これにより、攻撃者が、影響を受けるソフトウェアを実行しているユーザーの権限の範囲内で、リモートホストで任意のコードを実行する可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、Windows XP、2003、Vista、2008、7、2008 R2 用パッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2011/ms11-019

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 53376

ファイル名: smb_nt_ms11-019.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2011/4/13

更新日: 2018/11/15

依存関係: ms_bulletin_checks_possible.nasl, smb_hotfixes.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 8.9

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 7.7

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: CVSS2#E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:microsoft:windows:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/4/12

脆弱性公開日: 2011/2/14

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2011-0654, CVE-2011-0660

BID: 46360, 47239

CERT: 323172

EDB-ID: 16166

MSFT: MS11-019

MSKB: 2511455