RHEL 5 : kernel(RHSA-2011: 0429)

medium Nessus プラグイン ID 53399

概要

リモートのRed Hatホストに、1つ以上のセキュリティ更新プログラムがありません。

説明

複数のセキュリティ問題と複数のバグを修正した更新済みカーネルパッケージが Red Hat Enterprise Linux 5 で利用可能になりました。

Red Hatセキュリティレスポンスチームは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供するCommon Vulnerability Scoring System(CVSS)のベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに確認できます。

kernelパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。

この更新は次のセキュリティ問題を修正します:

* Linux カーネルの av7110 モジュールの dvb_ca_ioctl() 関数に境界検査の欠落が見つかりました。av7110 モジュールが必要な古い DVB カードを使用するシステムで、ローカルの権限のないユーザーが、この欠陥を利用して、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格したりする可能性があります。
(CVE-2011-0521、重要度高)

* Linux カーネルの NFSv4 (Network File System バージョン 4) の ACL データを割り当てる方法と、それを解放する方法の間の相互作用で、不一致が見つかりました。この不整合により、カーネルパニックが引き起こされていました。これは、ローカルの権限のないユーザーが、NFSv4シェアでこのユーザーが所有するファイルを使用することによりトリガーされる可能性があります。(CVE-2011-1090、重要度中)

* Linux カーネルのネットワーク実装の Generic Receive Offload(GRO)機能で NULL ポインターデリファレンスの欠陥が見つかりました。GRO とプロミスキャスモードの両方が仮想 LAN(VLAN)のインターフェイスで有効になっていた場合、これにより、そのインターフェイスで無効な形式の VLAN フレームが受信されたときに、サービス拒否が引き起こされる可能性があります。
(CVE-2011-1478、重要度中)

* install_special_mapping()関数のLinuxカーネル実装にある欠落しているセキュリティチェックにより、権限のないローカルユーザーがmmap_min_addr保護メカニズムをバイパスできる可能性があります。(CVE-2010-4346、重要度低)

* Linux カーネルの task_show_regs() 実装で情報漏洩が見つかりました。IBM S/390システムで、ローカルの権限のないユーザーが、この欠陥を利用して、/proc/[PID]/statusファイルを読み取る可能性があります。これにより、プロセスのCPUレジスタ値を発見することが可能になります。(CVE-2011-0710、重要度低)

* Mac OS オペレーティングシステムで作成したファイルシステムをサポートするのに使用する Linux カーネルの mac_partition() 実装で、検証チェックが欠落していることが見つかりました。ローカルの攻撃者がこの欠陥を悪用し、特別に細工されたパーティションテーブルを含むディスクをマウントしてサービス拒否を引き起こす恐れがあります。(CVE-2011-1010、重要度低)

Red Hatは、CVE-2011-1478を報告してくれたRyan Sweat氏、
CVE-2010-4346を報告してくれたTavis Ormandy氏、およびCVE-2011-1010を報告してくれたTimo Warns氏に感謝の意を表します。

この更新は、いくつかのバグも修正します。これらのバグ修正に関するドキュメントは、「参照」セクションでリンクされているテクニカルノートから、間もなく入手できるようになります。

ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージにアップグレードし、これらの問題を修正し、テクニカルノートに記載されているバグを修正する必要があります。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-4346

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-0521

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-0710

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1010

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1090

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1478

http://www.nessus.org/u?056c0c27

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2011:0429

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 53399

ファイル名: redhat-RHSA-2011-0429.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/4/13

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.9

Temporal Score: 6

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-PAE-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-xen-devel, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:5.6

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/4/12

脆弱性公開日: 2010/12/22

参照情報

CVE: CVE-2010-4346, CVE-2011-0521, CVE-2011-0710, CVE-2011-1010, CVE-2011-1090, CVE-2011-1478

BID: 45323, 45986, 46421, 46492, 46766, 47056

RHSA: 2011:0429