CentOS 4:python(CESA-2011: 0491)

medium Nessus プラグイン ID 53814

概要

リモートのCentOSホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが欠落しています。

説明

複数のセキュリティの問題を修正する更新済みの python パッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 4 で現在利用可能です。

Red Hatセキュリティレスポンスチームは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度中として評価しています。詳細な重要度の評価を提供するCommon Vulnerability Scoring System(CVSS)のベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに確認できます。

Python は、インタープリタ型のインタラクティブなオブジェクト指向プログラミング言語です。

Python の urllib および urllib2 ライブラリで欠陥が見つかっており、その欠陥では、自動リダイレクトが処理されるとき、さまざまなターゲット URL が区別されません。これにより、これらのモジュールを使用するPythonアプリケーションは、「file: //」URLタイプなどの、それらが理解するあらゆる新しいURLに従いました。これにより、リモートサーバーがローカルの Python アプリケーションに、リモートファイルの代わりに、ローカルファイルを読み取るように強制でき、開示することが意図されていないローカルファイルが開示される可能性があります。
(CVE-2011-1521)

複数の欠陥が Python audioop モジュールで見つかりました。特定の入力を送信すると、audioopモジュールをクラッシュさせたり、任意のコードが実行される可能性があります。(CVE-2010-1634、CVE-2010-2089)

競合状態が、Python の smtpd モジュールで新しい接続を処理する方法で、見つかりました。リモートユーザーがこの欠陥を利用して、smtpdモジュールを使用するPythonスクリプトを、終了する可能性があります。(CVE-2010-3493)

情報漏洩欠陥が、Python CGIHTTPServer モジュールで特定の HTTP GET リクエストが処理される方法で、見つかりました。リモートの攻撃者が、特別に細工されたリクエストを使用して、CGIスクリプトのソースコードを取得する可能性があります。(CVE-2011-1015)

バッファオーバーリード欠陥が、Python の Expat パーサーで XML ファイルを処理するときに、無効な形式の UTF-8 シーケンスを処理する方法で、見つかりました。特別に細工されたXMLファイルにより、Python Expatパーサーを使用しているPythonアプリケーションが、ファイルの解析中にクラッシュする可能性があります。(CVE-2009-3720)

この更新により、Pythonは独自の内部コピーではなくシステムのExpatライブラリを使用します。そのため、ユーザーは、CVE-2009-3720の問題を解決するために、RHSA-2009:1625に同梱されているバージョンまたはそれ以降のバージョンのExpatをインストールする必要があります。

すべての Python ユーザーは、バックポートされたパッチが含まれるこれらの更新済みパッケージへアップグレードし、これらの問題を修正する必要があります。

ソリューション

影響を受けるpythonパッケージを更新してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?2f668285

http://www.nessus.org/u?44c69a2a

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 53814

ファイル名: centos_RHSA-2011-0491.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/5/6

更新日: 2021/1/4

サポートされているセンサー: Agentless Assessment, Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.4

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:centos:centos:python, p-cpe:/a:centos:centos:python-devel, p-cpe:/a:centos:centos:python-docs, p-cpe:/a:centos:centos:python-tools, p-cpe:/a:centos:centos:tkinter, cpe:/o:centos:centos:4

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/CentOS/release, Host/CentOS/rpm-list

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/5/5

脆弱性公開日: 2009/11/3

参照情報

CVE: CVE-2009-3720, CVE-2010-1634, CVE-2010-2089, CVE-2010-3493, CVE-2011-1015, CVE-2011-1521

BID: 36097, 40370, 40863, 44533, 46541, 47024

RHSA: 2011:0491