RHEL 6:kernel(RHSA-2011: 0498)

high Nessus プラグイン ID 53867

概要

リモートのRed Hatホストに1つ以上のセキュリティ更新プログラムが適用されていません。

説明

いくつかのセキュリティ問題およびさまざまなバグを修正し、 1 つの拡張機能を追加する更新済みカーネルパッケージが、 Red Hat Enterprise Linux 6 で使用できるようになりました。

Red Hatセキュリティレスポンスチームは、この更新がセキュリティに及ぼす影響を重要度高として評価しています。詳細な重要度の評価を提供するCommon Vulnerability Scoring System(CVSS)のベーススコアは、「参照」セクションのCVEリンクから脆弱性ごとに確認できます。

kernelパッケージにはLinuxオペレーティングシステムのコアであるLinuxカーネルが含まれています。

セキュリティ修正:

* ib_uverbs_poll_cq()の整数オーバーフローの欠陥により、権限のないローカルユーザーが、サービス拒否を引き起こしたり、権限を昇格することが可能でした。(CVE-2010-4649、重要度高)

* drm_modeset_ctl()の整数符号欠陥により、権限のないローカルユーザーがサービス拒否または権限昇格を引き起こせることがあります。(CVE-2011-1013、重要度高)

* LinuxカーネルのRadeon GPUドライバーでアンチエイリアシング(AA)解決レジスタ値のサニティチェックが欠落していることにより、ATI Radeon R300、R400、または R500ファミリーのカードのグラフィックカードを使用するシステムで、権限のないローカルユーザーがサービス拒否を引き起こしたり、システムでの権限を昇格したりする可能性があります。(CVE-2011-1016、重要度高)

* dccp_rcv_state_process() の欠陥により、ソケットがすでに閉じられていても、リモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。
(CVE-2011-1093、重要度高)

* Linuxカーネルのストリーム制御転送プロトコル(SCTP)実装の欠陥により、sysctlの「net.sctp.addip_enable」および「auth_enable」変数がオンの場合に(これらはデフォルトではオフ)、リモートの攻撃者がサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1573、重要度高)

* inotify_init() システムコールでのメモリリーク。場合によっては、これによりグループが漏洩することがあり、権限のないローカルユーザーが最終的にサービス拒否を起こせることがあります。(CVE-2010-4250、重要度中)

* bnep_sock_ioctl()でのNULL終端文字列データ構造要素の検証が欠落していることにより、ローカルユーザーが情報漏洩またはサービス拒否を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1079、重要度中)

* コントローラーエリアネットワーク(CAN)のBroadcast Manager実装でのbcm_connect()の情報漏洩により、権限のないローカルユーザーが、「/proc/net/can-bcm」のカーネルモードアドレスを漏洩する可能性があります。(CVE-2010-4565、重要度低)

* Linux カーネルの Integrity Measurement Architecture(IMA)実装に欠陥が見つかりました。SELinux が無効なときに、SELinux によって処理されると考えられている IMA ルールを追加すると、ima_match_rules() は残りのルールを無視して、常に正常に実行されます。
(CVE-2011-0006、重要度低)

* XFSファイルシステム実装で初期化が行われないの欠陥により、情報漏洩が発生する可能性があります。(CVE-2011-0711、重要度低)

* snd_usb_caiaq_audio_init()およびsnd_usb_caiaq_midi_init()のバッファオーバーフロー欠陥により、Native Instrument USBオーディオデバイスへのアクセス権がある、権限のないローカルユーザーが、サービス拒否または権限昇格を起こせることがあります。(CVE-2011-0712、重要度中)

* 「/proc/[pid]/stat」の start_code および end_code の値が保護されていませんでした。特定のシナリオでは、この欠陥を利用して、Address Space Layout Randomization(ASLR)を打ち破ることが可能でした。(CVE-2011-0726、重要度低)

* dev_load()の欠陥により、CAP_NET_ADMIN機能があるローカルユーザーが、netdevモジュールだけでなく、「/lib/modules/」からの任意のモジュールを読み込めることがあります。(CVE-2011-1019、重要度低)

* ib_uverbs_poll_cq()の欠陥により、権限のないローカルユーザーが情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1044、重要度低)

* do_replace()の中のNULL終端文字列データ構造要素の検証が欠落していることにより、CAP_NET_ADMIN機能があるローカルユーザーが、情報漏洩を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-1080、重要度低)

Red Hatは、CVE-2010-4250を報告していただいたVegard Nossum氏、
CVE-2011-1079、CVE-2011-1019、CVE-2011-1080を報告していただいたVasiliy Kulikov氏、CVE-2010-4565およびCVE-2011-0711を報告していただいたDan Rosenberg氏、CVE-2011-0712を報告していただいたRafael Dominguez Vega氏、CVE-2011-0726を報告したいただいたKees Cook氏に感謝の意を表します。

この更新により、多様なバグも修正され、機能強化も追加されます。
これらの変更に関するドキュメントは、「参照」セクションでリンクされているテクニカルノートドキュメントから、間もなく入手できるようになります。

ユーザーは、これらの更新済みパッケージにアップグレードする必要があります。これには、これらの問題を解決するバックポートされたパッチが含まれており、バグが修正され、テクニカルノートに記載されている機能強化が追加されています。この更新を有効にするには、システムを再起動する必要があります。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-4250

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-4565

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2010-4649

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-0006

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-0711

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-0712

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-0726

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1013

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1016

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1019

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1044

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1079

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1080

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1093

https://access.redhat.com/security/cve/cve-2011-1573

http://www.nessus.org/u?056c0c27

https://access.redhat.com/errata/RHSA-2011:0498

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 53867

ファイル名: redhat-RHSA-2011-0498.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/5/11

更新日: 2021/1/14

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Frictionless Assessment AWS, Frictionless Assessment Azure, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 6.8

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debug-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-i686, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-s390x, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-debuginfo-common-x86_64, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-doc, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-firmware, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-headers, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-debuginfo, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:kernel-kdump-devel, p-cpe:/a:redhat:enterprise_linux:perf, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6, cpe:/o:redhat:enterprise_linux:6.0

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list, Host/cpu

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/5/10

脆弱性公開日: 2010/12/29

参照情報

CVE: CVE-2010-4250, CVE-2010-4565, CVE-2010-4649, CVE-2011-0006, CVE-2011-0711, CVE-2011-0712, CVE-2011-0726, CVE-2011-1013, CVE-2011-1016, CVE-2011-1019, CVE-2011-1044, CVE-2011-1079, CVE-2011-1080, CVE-2011-1093, CVE-2011-1573

BID: 46417, 46419, 46488, 46557, 46616, 46793, 47308, 47639, 47792

RHSA: 2011:0498