MS11-040: Threat Management Gateway Firewall Client のリモートコード実行可能な脆弱性(2520426)

critical Nessus プラグイン ID 55120

概要

ファイアウォールクライアントを使用して、リモートホストで任意のコードを実行できます。

説明

リモートホストには、Forefront Threat Management Gateway Client セキュリティ更新 2520426 がありません。

インストールされている Forefront Threat Management Gateway は、脆弱性の影響を受けるバージョンであるため、攻撃者がリモートホストで、任意のコードを実行できる可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、Forefront Threat Management Gateway のパッチをリリースしました。

関連情報

https://www.nessus.org/u?151b33a0

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 55120

ファイル名: smb_nt_ms11-040.nasl

バージョン: 1.19

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2011/6/15

更新日: 2022/3/8

リスク情報

VPR

リスクファクター: High

スコア: 7.4

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

Temporal Score: 8.7

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

CVSS スコアのソース: CVE-2011-1889

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:forefront_security

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/6/14

脆弱性公開日: 2011/6/14

CISAの既知の悪用日: 2022/3/24

参照情報

CVE: CVE-2011-1889

BID: 48181

MSFT: MS11-040

IAVA: 2011-A-0085-S

MSKB: 2520426