MS11-045: Microsoft Excel のリモートコード実行可能な脆弱性(2537146)

high Nessus プラグイン ID 55125

概要

Microsoft Excel を使用して、リモートホストで任意のコードを実行できます。

説明

リモートの Windows ホストで、複数の脆弱性の影響を受けている Microsoft Excel または Excel Viewer のバージョンを実行しています。

攻撃者が、影響を受けるホスト上のユーザーを騙して特別に細工された Excel ファイルを開かせることが可能な場合、この問題を利用して、ユーザー権限にしたがって任意のコードを実行する場合があります。

ソリューション

Microsoft は、Office XP、2003、2007、2010、Excel Viewer、および Office Compatability Pack に対するパッチセットをリリースしています。

関連情報

https://www.nessus.org/u?cc6510b9

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 55125

ファイル名: smb_nt_ms11-045.nasl

バージョン: 1.26

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2011/6/15

更新日: 2020/8/5

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:microsoft:office, cpe:/a:microsoft:excel, cpe:/a:microsoft:excel_viewer, cpe:/a:microsoft:office_compatibility_pack

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/6/14

脆弱性公開日: 2011/6/14

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2011-1272, CVE-2011-1273, CVE-2011-1274, CVE-2011-1275, CVE-2011-1276, CVE-2011-1277, CVE-2011-1278, CVE-2011-1279

BID: 48157, 48158, 48159, 48160, 48161, 48162, 48163, 48164

EDB-ID: 17643

IAVA: 2011-A-0086-S

MSFT: MS11-045

MSKB: 2523021, 2541003, 2541007, 2541012, 2541015, 2541025