MS11-047:Hyper-V のサービス拒否可能な脆弱性(2525835)

medium Nessus プラグイン ID 55127

概要

リモート Windows ホストは、DoS 攻撃(サービス拒否攻撃)を受けやすくなっています。

説明

リモートホストは、Hyper-V内に存在するサービス拒否の欠陥の影響を受けます。リモートホストは、Hyper-Vに存在するサービス拒否の欠陥の影響を受けます。特別に細工されたパケットをゲスト仮想マシンからホストに送信することで、ゲスト仮想マシンの1つの認証された管理者が、影響を受けるHyper-Vシステムの応答を停止させる可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、 Windows 2008 および 2008 R2 用のパッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2011/ms11-047

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 55127

ファイル名: smb_nt_ms11-047.nasl

バージョン: 1.17

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2011/6/15

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.7

Temporal Score: 3.9

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:C

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/6/14

脆弱性公開日: 2011/6/14

エクスプロイト可能

Core Impact

参照情報

CVE: CVE-2011-1872

BID: 48179

EDB-ID: 17401

IAVB: 2011-B-0066

MSFT: MS11-047

MSKB: 2525835