MS11-051:Active Directory Certificate Services Web Enrollment の権限昇格可能な脆弱性(2518295)

medium Nessus プラグイン ID 55131

概要

リモートの Windows ホストにある ASP アプリケーションに、クロスサイトスクリプティングの脆弱性があります。

説明

リモートの Windows ホストにインストールされているバージョンの Active Directory Certificate Services Web Enrollment に、リクエストパラメーターの不適切な検証による折り返し型(または持続型)クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在します。

攻撃者がこの脆弱性を利用して、特別に細工されたリンクを使用することで、昇格された特権を取得したり、ターゲットユーザーのコンテキストで任意のコマンドを実行したりする可能性があります。

ソリューション

Microsoft は、Windows XP、2003、2008、および 2008 R2 用パッチのセットをリリースしました。

関連情報

https://docs.microsoft.com/en-us/security-updates/SecurityBulletins/2011/ms11-051

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 55131

ファイル名: smb_nt_ms11-051.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: windows

公開日: 2011/6/15

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.2

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:P/A:N

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:microsoft:windows

必要な KB アイテム: SMB/MS_Bulletin_Checks/Possible

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/6/14

脆弱性公開日: 2011/6/14

参照情報

CVE: CVE-2011-1264

BID: 48175

MSFT: MS11-051

IAVB: 2011-B-0068

MSKB: 2518295