Ubuntu 11.04:firefoxの脆弱性(USN-1157-1)

critical Nessus プラグイン ID 55408
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのUbuntuホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

Bob Clary 氏、Kevin Brosnan 氏、Gary Kwong 氏、Jesse Ruderman 氏、Christian Biesinger 氏、Bas Schouten 氏、Igor Bukanov 氏、Bill McCloskey 氏、Olli Pettay 氏 Daniel Veditz 氏、および Marcia Knous 氏が、ブラウザのレンダリングエンジンで複数のメモリの脆弱性を発見しました。攻撃者が、Firefoxを起動するユーザー権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2011-2374、CVE-2011-2375)

Martin Barbella 氏は、特定の状況で、JavaScript が無効化された状態で XUL ドキュメントを開くと、削除したメモリがアクセスされることを発見しました。攻撃者がこの欠陥を利用してFirefoxをクラッシュさせたり、Firefoxを呼び出すユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2011-2373)

Jordi Chancel 氏は、メモリ破損による、multipart/x-mixed-replace イメージの脆弱性を発見しました。攻撃者がこの欠陥を利用してFirefoxをクラッシュさせたり、Firefoxを呼び出すユーザーの権限で任意のコードを実行したりする可能性があります。(CVE-2011-2377)

Chris Rohlf 氏および Yan Ivitskiy 氏は、JavaScript 配列で整数オーバーフローの脆弱性を発見しました。攻撃者が、これを利用して、Firefoxを起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2011-2371)

Firefox の WebGL テクスチャが同一生成元ポリシーを遵守していないことが判明しました。ユーザーが騙され、悪意あるサイトを表示すると、攻撃者が別のサイトから画像データを表示する可能性があります。(CVE-2011-2366)

Christoph Diehl 氏は、WebGL コードで領域外読み取りの脆弱性を発見しました。攻撃者が、その他のプロセスがGPUに保存したデータを読み取る可能性があります。(CVE-2011-2367)

Christoph Diehl 氏は、WebGL コードで無効な書き込みの脆弱性を発見しました。攻撃者が、これを利用して、Firefoxを起動しているユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2011-2368)

認証されていないサイトがアドオンやテーマのインストールダイアログを発生させられることが判明しました。ユーザーが騙され、悪意あるサイトを表示すると、攻撃者が、騙されたユーザーに悪意あるアドオンまたはテーマをインストールさせる可能性があります。(CVE-2011-2370)

Mario Heiderich 氏は、SVG 要素の中の解読された HTML エンコードエントリの表示で脆弱性を見つけました。攻撃者がこれを活用して、クロスサイトスクリプティング攻撃を実行することがあります。(CVE-2011-2369)

注意: Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるFirefoxパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1157-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 55408

ファイル名: ubuntu_USN-1157-1.nasl

バージョン: 1.14

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/6/23

更新日: 2019/9/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:canonical:ubuntu_linux:firefox, cpe:/o:canonical:ubuntu_linux:11.04

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release, Host/Debian/dpkg-l

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/6/22

脆弱性公開日: 2011/6/30

エクスプロイト可能

CANVAS (CANVAS)

Metasploit (Mozilla Firefox Array.reduceRight() Integer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2011-2366, CVE-2011-2367, CVE-2011-2368, CVE-2011-2369, CVE-2011-2370, CVE-2011-2371, CVE-2011-2373, CVE-2011-2374, CVE-2011-2375, CVE-2011-2377

USN: 1157-1