Wireshark 1.4.5 のサービス拒否

medium Nessus プラグイン ID 55411

概要

リモート Windows ホストに、サービス拒否の脆弱性の影響を受けるアプリケーションが含まれています。

説明

Wireshark のインストールされているバージョンであるバージョン 1.4.5 は、サービス拒否の脆弱性の影響を受けます。攻撃者がこの脆弱性を悪用して、悪意のある TCP パケットを細工して、それを Wireshark が監視するネットワークセグメントに送信することで、アプリケーションをクラッシュさせる可能性があります。

ソリューション

Wiresharkをバージョン1.4.6以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://bugs.wireshark.org/bugzilla/show_bug.cgi?id=5837

http://www.wireshark.org/docs/relnotes/wireshark-1.4.6.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 55411

ファイル名: wireshark_1_4_6.nasl

バージョン: 1.6

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2011/6/23

更新日: 2018/8/6

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 4.2

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 4.3

Temporal Score: 3.4

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:N/I:N/A:P

現状ベクトル: E:POC/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:wireshark:wireshark

必要な KB アイテム: SMB/Wireshark/Installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/4/18

脆弱性公開日: 2011/4/17

参照情報

CVE: CVE-2011-1956

BID: 48389

Secunia: 44449