ISC BIND 9 の詳細不明なパケット処理のリモート DoS

high Nessus プラグイン ID 55534

概要

リモートネームサーバーは、サービス拒否脆弱性の影響を受けることがあります。

説明

自己報告されたバージョン番号にしたがって、リモートにインストールされている BIND が、サービス拒否の脆弱性の影響を受ける可能性があります。攻撃者が特別に細工されたリクエストを BIND サーバーに送信する場合、ネームサーバーのプロセスがクラッシュする可能性があります。

Nessus は、バージョン自体に依存しているだけで、インストールが実際に脆弱であるかどうかの判断を試行していませんので注意してください。

ソリューション

BIND 9.6-ESV-R4-P3 / 9.7.3-P3 / 9.8.0-P4 またはそれ以降にアップグレードしてください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?ae0ba8c4

http://www.nessus.org/u?1bd57ee2

http://www.nessus.org/u?76bd7779

http://www.isc.org/software/bind/advisories/cve-2011-2464

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 55534

ファイル名: bind9_980_p4.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: remote

ファミリー: DNS

公開日: 2011/7/7

更新日: 2018/9/17

設定: パラノイドモードの有効化

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

CVSS スコアの根本的理由: The issue causes isc bind to crash, which warrants an availability impact score of complete.

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

Temporal Score: 5.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

CVSS スコアのソース: CVE-2011-2464

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:isc:bind

必要な KB アイテム: Settings/ParanoidReport, bind/version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/7/5

脆弱性公開日: 2011/7/5

参照情報

CVE: CVE-2011-2464

BID: 48566

CERT: 142646

Secunia: 45185