Adobe ColdFusionの複数の脆弱性(APSB11-04)(認証情報のチェック)

medium Nessus プラグイン ID 55553

概要

リモートWindowsホストで実行されているWebベースのアプリケーションが、複数の脆弱性の影響を受けています。

説明

リモートWindowsホストで実行されているAdobe ColdFusionのバージョンは、複数の脆弱性の影響を受けます:

- ColdFusion管理者コンソールに、複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在しています。(CVE-2011-0580)

- さまざまなタグの複数のCRLFインジェクションの脆弱性により、ヘッダーの追加が可能になっています。(CVE-2011-0581)

- ColdFusion管理者コンソールに、情報漏洩の脆弱性が存在しています。(CVE-2011-0582)

- cfformタグで、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在しています。(CVE-2011-0583)

- ColdFusionセッションでは、セッション固定の脆弱性が存在しています。(CVE-2011-0584)

ソリューション

Adobe のアドバイザリで言及されている、関連するホットフィックスを適用してください。

関連情報

https://www.tenable.com/security/research/tra-2011-01

https://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb11-04.html

http://kb2.adobe.com/cps/890/cpsid_89094.html

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 55553

ファイル名: coldfusion_win_apsb11-04.nasl

バージョン: 1.10

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2011/7/11

更新日: 2018/11/15

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:coldfusion

必要な KB アイテム: SMB/coldfusion/instance

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/2/8

脆弱性公開日: 2011/2/8

参照情報

CVE: CVE-2011-0580, CVE-2011-0581, CVE-2011-0582, CVE-2011-0583, CVE-2011-0584

BID: 46273, 46274, 46277, 46278, 46281

TRA: TRA-2011-01

Secunia: 43264