Flash Player <= 10.3.181.36 の複数の脆弱性(APSB11-21)

high Nessus プラグイン ID 55803

概要

ブラウザプラグインが複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

そのバージョンによると、リモート Windows ホストにインストールされている Flash Player のインスタンスは、10.3.181.36 または以前です。それ自体、報告されているところによれば、複数の重大な脆弱性の影響を受けます:

- 複数のバッファオーバーフローの脆弱性により、コードが実行される可能性があります。(CVE-2011-2130、CVE-2011-2134、CVE-2011-2137、CVE-2011-2414、CVE-2011-2415)

- 複数のメモリ破損の脆弱性により、コードが実行される可能性があります。(CVE-2011-2135、CVE-2011-2140、CVE-2011-2417、CVE-2011-2424、CVE-2011-2425)

- 複数の整数オーバーフロー脆弱性により、コードが実行される可能性があります。(CVE-2011-2136、CVE-2011-2138、CVE-2011-2416)

- クロスサイト情報漏洩脆弱性が存在し、これによりコードが実行される可能性があります。(CVE-2011-2139)

影響を受けるシステムでユーザーを騙して、 Flash コンテンツが含まれている、特別に細工されたドキュメントを開かせることにより、攻撃者がこれらの脆弱性を利用し、ユーザーの権限に従うシステムで、リモートで任意のコードを実行することがあります。

ソリューション

Adobe Flash バージョン 10.3.183.5 以降にアップグレードしてください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?18dbdb20

http://www.nessus.org/u?0651458a

http://www.nessus.org/u?46d1fce8

https://www.zerodayinitiative.com/advisories/ZDI-11-253/

http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb11-21.html

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 55803

ファイル名: flash_player_apsb11-21.nasl

バージョン: 1.22

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2011/8/10

更新日: 2022/4/11

構成: 徹底的なチェックを有効にする

サポートされているセンサー: Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Critical

スコア: 9.7

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 9.3

Temporal Score: 8.1

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:H/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/a:adobe:flash_player

必要な KB アイテム: SMB/Flash_Player/installed

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/8/9

脆弱性公開日: 2011/8/9

エクスプロイト可能

Core Impact

Metasploit (Adobe Flash Player MP4 SequenceParameterSetNALUnit Buffer Overflow)

参照情報

CVE: CVE-2011-2130, CVE-2011-2134, CVE-2011-2135, CVE-2011-2136, CVE-2011-2137, CVE-2011-2138, CVE-2011-2139, CVE-2011-2140, CVE-2011-2414, CVE-2011-2415, CVE-2011-2416, CVE-2011-2417, CVE-2011-2424, CVE-2011-2425

BID: 49073, 49074, 49075, 49076, 49077, 49079, 49080, 49081, 49082, 49083, 49084, 49085, 49086, 49186

EDB-ID: 18437, 18479