Juniper Junos Extended DHCP Relay Agentトラフィックリダイレクト(PSN-2011-07-300)

low Nessus プラグイン ID 55934

概要

リモートルーターによって、トラフィックがリダイレクトされる可能性があります。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートJuniperルーターに脆弱なExtended DHCP Relay Agentがあります。Extended DHCP Relay Agent が有効になっているインターフェイスが、ユニキャスト DHCP 返信パケットを傍受します。リモートの攻撃者が、悪意のある DHCP サーバーとして動作することでこれを悪用し、ルーターを通じて、特別に細工されたユニキャスト DHCP 返信パケットを送信する可能性があります。
これによりトラフィックがリダイレクトされる可能性があります。

ソリューション

JuniperアドバイザリPSN-2011-07-300で参照されている関連するJunosアップグレードを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?b4d1c392

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 55934

ファイル名: juniper_psn-2011-07-300.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: combined

公開日: 2011/8/22

更新日: 2018/8/10

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 2.9

ベクトル: AV:A/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/model, Host/Juniper/JUNOS/Version

パッチ公開日: 2011/7/13

脆弱性公開日: 2011/7/13