Juniper Junos の IPv6 over IPv4のセキュリティポリシーバイパス(PSN-2011-07-299)

medium Nessus プラグイン ID 55935

概要

リモートデバイスが、トンネル化されたIPv6トラフィックに対してセキュリティポリシーを強制しません。

説明

自己報告されたバージョン番号によると、リモートJuniperデバイスがセキュリティバイパスの脆弱性のあるバージョンJunosを実行しています。デバイスが IPv4 トンネリングで IPv6 を実行するよう構成されているとき、カプセル化されたデータグラムに適用されるポリシーが強制されません。

認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、セキュリティ制限をバイパスする可能性があります。

ソリューション

JuniperアドバイザリPSN-2011-07-299で参照されている関連するJunosアップグレードを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?ab8a3167

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 55935

ファイル名: juniper_psn-2011-07-299.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: combined

公開日: 2011/8/22

更新日: 2018/8/8

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 5

Temporal Score: 4.1

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:F/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/model, Host/Juniper/JUNOS/Version

エクスプロイトが利用可能: true

エクスプロイトの容易さ: Exploits are available

パッチ公開日: 2011/7/13

脆弱性公開日: 2011/7/13

参照情報

BID: 50705