Juniper Junos ICMP Ping「composite next-hop」リモートDoS(PSN-2011-07-297)

high Nessus プラグイン ID 55937

概要

リモートルーターにサービス拒否の脆弱性があります。

説明

自己報告のバージョン番号によると、リモートJuniperルーターがサービス拒否の脆弱性のあるJunosを実行しています。レコードルート、あるいはタイムスタンプオプションを含むICMP pingを送信することにより、以下の構成のいずれかを装備したL3VPN PEルーターがクラッシュする可能性があります:

- 顧客のネットワークへの静的ルートの構成における先の中継地として使用される Point-to-Multipoint LSP

- 「l3vpn-composite-nexthop」および「indirect-next-hop」ルーティングオプションが有効化されています

認証されていないリモートの攻撃者がこれを悪用して、ルーターをクラッシュさせる可能性があります。

ソリューション

JuniperアドバイザリPSN-2011-07-297で参照されている関連するJunosアップグレードを適用してください。

参考資料

http://www.nessus.org/u?22669bdd

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 55937

ファイル名: juniper_psn-2011-07-297.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: combined

公開日: 2011/8/22

更新日: 2018/8/10

サポートされているセンサー: Nessus

リスク情報

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:/o:juniper:junos

必要な KB アイテム: Host/Juniper/model, Host/Juniper/JUNOS/Version

パッチ公開日: 2011/7/13

脆弱性公開日: 2011/7/13