Cisco IOS ソフトウェアのネットワークアドレス変換の脆弱性 (cisco-sa-20110928-nat)

high Nessus プラグイン ID 56318

概要

リモートデバイスに、ベンダーが提供したセキュリティパッチがありません。

説明

Cisco IOS ソフトウェアのネットワークアドレス変換 (NAT) 機能に、以下のプロトコルの変換で、複数のサービス拒否 (DoS ) 脆弱性が含まれています。

- NetMeeting ディレクトリ(Lightweight Directory Access Protocol、LDAP)

- Session Initiation Protocol。(複数の脆弱性)

- H.323 プロトコル

このドキュメントに記載されているすべての脆弱性は、これらのパケットにアプリケーション層の変換が必要な場合、影響を受けているデバイスの転送中パケットが原因で発生します。Cisco は、これらの脆弱性に対処する無料のソフトウェア更新をリリースしました。

ソリューション

Cisco セキュリティアドバイザリ cisco-sa-20110928-nat で言及されている関連するパッチを適用してください。

関連情報

http://www.nessus.org/u?533b215d

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 56318

ファイル名: cisco-sa-20110928-nathttp.nasl

バージョン: 1.20

タイプ: combined

ファミリー: CISCO

公開日: 2011/9/29

更新日: 2018/11/15

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.6

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.8

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:N/I:N/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:cisco:ios:*:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/Cisco/IOS/Version

パッチ公開日: 2012/9/21

脆弱性公開日: 2011/9/28

参照情報

CVE: CVE-2011-3276, CVE-2011-3277, CVE-2011-3278, CVE-2011-3279, CVE-2011-3280