Ubuntu 10.04 LTS / 10.10 / 11.04 : thunderbird vulnerabilities (USN-1213-1)

critical Nessus プラグイン ID 56331
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモートのUbuntuホストにセキュリティ関連のパッチがありません。

説明

Benjamin Smedberg 氏、Bob Clary 氏、Jesse Ruderman 氏、Josh Aas 氏は、Gecko レンダリングエンジンで複数のメモリの脆弱性を発見しました。攻撃者がこれらを利用して、Thunderbirdを呼び出すユーザーの権限で任意のコードを実行する可能性があります。(CVE-2011-2995、CVE-2011-2996)

Boris Zbarsky 氏は、フレーム作成前にページ内のスクリプトが true オブジェクトへの参照をとらえない限り、「location」という名前のフレームが window.location オブジェクトに影を付ける可能性があることを発見しました。これは、同一生成元ポリシーの違反です。悪意のあるメールがこれを利用して、ローカルファイルシステムにアクセスする可能性があります。(CVE-2011-2999)

Mark Kaplan 氏は、SpiderMonkey JavaScript エンジンに整数アンダーフローを発見しました。攻撃者がこれを利用して、Thunderbird をクラッシュさせる可能性があります。

Ian Graham 氏は、複数の Location ヘッダーが存在する場合、Thunderbird が 2 番目のヘッダーを使用して、結果として CRLF インジェクション攻撃が発生する可能性があることを発見しました。CRLF インジェクションの問題により、XSS (クロスサイトスクリプティング)の脆弱性、ブラウザキャッシュポイズニング、クッキー窃取などの様々な攻撃が発生する可能性があります。
(CVE-2011-3000)

Mariusz Mlynski 氏は、ユーザーが誘導されて Enter キーを押した場合、悪意のある Web サイトまたはメールにダウンロードダイアログが表示され、デフォルトの「開く」アクションが選択される可能性があることを発見しました。
これにより、Thunderbirdを呼び出したユーザーの権限で、悪意のあるコンテンツが実行される可能性があります。(CVE-2011-2372)

注意: Tenable Network Securityは、前述の説明ブロックをUbuntuセキュリティアドバイザリからすでに直接抽出しています。Tenableでは、新たな問題を持ち込まずに、できる限り自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受けるthunderbirdパッケージを更新してください。

関連情報

https://usn.ubuntu.com/1213-1/

プラグインの詳細

深刻度: Critical

ID: 56331

ファイル名: ubuntu_USN-1213-1.nasl

バージョン: 1.11

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/9/29

更新日: 2019/9/19

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Critical

Base Score: 10

ベクトル: CVSS2#AV:N/AC:L/Au:N/C:C/I:C/A:C

脆弱性情報

CPE: cpe:2.3:o:canonical:ubuntu_linux:10.10:*:*:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:canonical:ubuntu_linux:10.04:-:lts:*:*:*:*:*, cpe:2.3:o:canonical:ubuntu_linux:11.04:*:*:*:*:*:*:*, p-cpe:2.3:a:canonical:ubuntu_linux:thunderbird:*:*:*:*:*:*:*

必要な KB アイテム: Host/cpu, Host/Debian/dpkg-l, Host/Ubuntu, Host/Ubuntu/release

パッチ公開日: 2011/9/28

脆弱性公開日: 2011/9/28

参照情報

CVE: CVE-2011-2999, CVE-2011-2372, CVE-2011-2995, CVE-2011-3000, CVE-2011-2996

USN: 1213-1