Firefox 3.6.x < 3.6.23 複数の脆弱性

high Nessus プラグイン ID 56334
New! Vulnerability Priority Rating (VPR)

Tenable では、すべての脆弱性に対して動的な VPR が計算されます。VPR は脆弱性の情報を、脅威インテリジェンスや機械学習アルゴリズムと組み合わせて、攻撃時に最も悪用される可能性の高い脆弱性を予測します。詳細は、 「VPR とは何で、CVSS とはどう違うのか」を参照してください。

VPR スコア : 5.9

概要

リモートのWindowsホストに含まれるWebブラウザは複数の脆弱性の影響を受けます。

説明

インストールされている Firefox 3.6.x のバージョンが 3.6.23 より前であるため、次の脆弱性の影響を受けます:

- 大きなJavaScriptの「RegExp」式を処理する場合の整数アンダーフローが存在し、潜在的に悪用可能なクラッシュが起こる可能性があります。(CVE-2011-2998)

- 悪意のあるゲームなどを介して攻撃者がユーザーを騙して「Enter」キーを押させると、悪意のあるアプリケーションまたは拡張機能がダウンロードされ、実行される可能性があります。(CVE-2011-2372)

- 悪用されてメモリ破損の可能性がある、詳細不明のエラーが存在します。現時点で追加情報はありません。(CVE-2011-2995、CVE-2011-2996)

- 名前付きフレームを作成する際の「window.location」JavaScript オブジェクトの実装に、エラーがあります。これが悪用されて、同一生成元ポリシーがバイパスされ、クロスサイトスクリプティング攻撃を引き起こす可能性があります。(CVE-2011-2999)

-「Location」ヘッダーを処理する時に欠陥が存在します。これによって、脆弱性がある Web サーバーにアクセスする時に、応答分割攻撃が発生する可能性があります。同じ修正が「Content-Length」および「Content-Disposition」ヘッダーに適用されています。(CVE-2011-3000)

ソリューション

Firefox 3.6.23以降にアップグレードしてください。

関連情報

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2011-36/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2011-37/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2011-38/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2011-39/

https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2011-40/

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 56334

ファイル名: mozilla_firefox_3623.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

エージェント: windows

ファミリー: Windows

公開日: 2011/9/29

更新日: 2018/7/16

依存関係: mozilla_org_installed.nasl

リスク情報

リスクファクター: High

VPR スコア: 5.9

CVSS v2.0

Base Score: 9.3

Temporal Score: 6.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C

現状ベクトル: E:U/RL:OF/RC:C

脆弱性の情報

CPE: cpe:/a:mozilla:firefox

必要な KB アイテム: Mozilla/Firefox/Version

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/9/27

脆弱性公開日: 2011/9/27

参照情報

CVE: CVE-2011-2372, CVE-2011-2995, CVE-2011-2996, CVE-2011-2998, CVE-2011-2999, CVE-2011-3000

BID: 49809, 49810, 49811, 49845, 49848, 49849