FreeBSD:複数のブラウザフレーム注入の脆弱性(641859e8-eca1-11d8-b913-000c41e2cdad)

high Nessus プラグイン ID 56476
New! プラグインの深刻度には CVSS v3 が適用されるようになりました。

プラグインの深刻度は、デフォルトで CVSS v3 を使って計算されるように更新されました。プラグインに CVSS v3 スコアがない場合には、CVSS v2 を使って深刻度が計算されます。深刻度の表示設定は、[設定]のドロップダウンで切り替えができます。

概要

リモート FreeBSD ホストに 1 つ以上のセキュリティ関連の更新が見つかりません。

説明

同じ仕組みで多くの Web ブラウザに影響を与えているバグのクラスが発見されました。Secunia アドバイザリによる報告:

ここで問題となるのは、ターゲットフレームが、悪意のあるリンクを含む Web サイトに属しているかどうかを、ブラウザが確認しないことにあります。そのため、ブラウザウインドウが、別のウインドウで named フレームのコンテンツを読み込むことを阻止できません。

悪用に成功すると、悪意のある Web サイトが、例えば信頼できるサイトが所有する、
別のブラウザウインドウの任意のフレームで任意のコンテンツをロードすることができます。

KDE セキュリティアドバイザリによる報告:

悪意のある Web サイトが、Konqueror を不正利用して、独自のフレームを別の信頼できる web サイトのページに挿入する可能性があります。その結果、ユーザーが知らずに、信頼できる Web サイトに送信することが意図された機密情報を悪意のある web サイトに送信する可能性があります。

Secunia は、次の URL で脆弱性のデモンストレーションを提供しています:http://secunia.com/multiple_browsers_frame_injection_vulnerability_test/

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.mozilla.org/show_bug.cgi?id=246448

http://www.nessus.org/u?a27f9fd0

http://www.nessus.org/u?9b160511

http://www.nessus.org/u?48e091a2

プラグインの詳細

深刻度: High

ID: 56476

ファイル名: freebsd_pkg_641859e8eca111d8b913000c41e2cdad.nasl

バージョン: 1.7

タイプ: local

公開日: 2011/10/13

更新日: 2021/1/6

依存関係: ssh_get_info.nasl

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.5

CVSS v2

リスクファクター: High

Base Score: 7.5

ベクトル: AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:freebsd:freebsd:firefox, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:kdebase, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:kdelibs, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:linux-mozilla, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:linux-mozilla-devel, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:linux-opera, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:mozilla, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:mozilla-gtk1, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:netscape7, p-cpe:/a:freebsd:freebsd:opera, cpe:/o:freebsd:freebsd

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/FreeBSD/release, Host/FreeBSD/pkg_info

パッチ公開日: 2004/8/12

脆弱性公開日: 2004/8/11

参照情報

CVE: CVE-2004-0717, CVE-2004-0718, CVE-2004-0721

Secunia: 11978