Mandriva Linux セキュリティアドバイザリ:libpng(MDVSA-2011: 151)

medium Nessus プラグイン ID 56529

概要

リモート Mandriva Linux ホストには、1 つ以上のセキュリティ更新がありません。

説明

libpng に複数の脆弱性が発見され、修正されました:

libpng の pngerror.c の png_format_buffer 関数により、エラーメッセージデータのコピー中に領域外読み取りを発生するように細工された PNG 画像を介して、リモートの攻撃者がサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります。注:この脆弱性は、CVE-2004-0421 の回帰が原因で存在することに、注意してください(CVE-2011-2501)。

libpng のバッファオーバーフローが、png_rgb_to_gray 関数を呼び出すが png_set_expand 関数を呼び出さないアプリケーションにより使用される場合、リモートの攻撃者が、任意のデータ量でメモリを上書きし、細工された PNG 画像を介して詳細不明な他の影響を及ぼす可能性があります(CVE-2011-2690)。

libpng における pngerror.c の png_err 関数が、空の文字列引数ではなく NULL ポインター引数を使用する関数呼び出しを行います。これにより、リモートの攻撃者が細工された PNG 画像を介してサービス拒否(アプリケーションクラッシュ)を引き起こす可能性があります(CVE-2011-2691)。注:
これは Mandriva のバイナリパッケージに影響を与えませんが、PNG_NO_ERROR_TEXT が libpng-source-1.?.?? パッケージを使用して定義されている場合にユーザーに影響を与える可能性があります。

libpng における pngrutil.c の png_handle_sCAL 関数が無効な sCAL チャンクを適切に処理しません。これにより、リモートの攻撃者がサービス拒否(メモリ破損とアプリケーションクラッシュ)を引き起こしたり、初期化されていないメモリの読み取りを発生させるように細工された PNG 画像を介して詳細不明な他の影響を及ぼしたりする可能性があります(CVE-2011-2692)。

更新パッケージには、これらの問題を修正するため、パッチが適用されています。

ソリューション

影響を受けるパッケージを更新してください。

プラグインの詳細

深刻度: Medium

ID: 56529

ファイル名: mandriva_MDVSA-2011-151.nasl

バージョン: 1.9

タイプ: local

公開日: 2011/10/18

更新日: 2021/1/6

リスク情報

VPR

リスクファクター: Medium

スコア: 5.9

CVSS v2

リスクファクター: Medium

Base Score: 6.8

Temporal Score: 5.9

ベクトル: AV:N/AC:M/Au:N/C:P/I:P/A:P

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64png-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64png-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:lib64png3, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng-source, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng-static-devel, p-cpe:/a:mandriva:linux:libpng3, cpe:/o:mandriva:linux:2010.1

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/cpu, Host/Mandrake/release, Host/Mandrake/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/10/17

参照情報

CVE: CVE-2011-2501, CVE-2011-2690, CVE-2011-2691, CVE-2011-2692

BID: 48474, 48618, 48660

MDVSA: 2011:151