Fedora 15 : tomcat6-6.0.32-8.fc15 (2011-13456)

low Nessus プラグイン ID 56572

概要

リモート Fedora ホストに、セキュリティ更新がありません。

説明

CVE-2011-3190 の修正。このリリースは、systemd ユニットファイルを初めて使用するものです。SystemV ファイルは別々にパッケージされます。この移行中に、ユーザーは次のエラーに遭遇することがあります。「error reading information on service tomcat6: No such file or directory(サービス tomcat6 の情報読み取り中にエラーが発生しました:そのようなファイルやディレクトリはありません)」。このエラーは、削除できる tomcat サービスがないために発生します。これはテストの結果、無害であるため、無視して構いません。

解決:/usr/sbin/tomcat6 の回帰(追加で作成された Tomcat のインスタンスが破損)。バグ修正 669969 - dbcp 構成 CVE-2011-2204 - 前のバージョンで不足している commons-pool を lib が戻した Eclipse osgi マニフェストに追加。

注意:Tenable Network Security は、前述の記述ブロックを Fedora セキュリティアドバイザリから直接抽出しています。Tenable では、できる限り新たな問題を持ち込まないように、自動的に整理して書式設定するようにしています。

ソリューション

影響を受ける tomcat6 パッケージを更新してください。

関連情報

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=717013

http://www.nessus.org/u?2d2483e6

プラグインの詳細

深刻度: Low

ID: 56572

ファイル名: fedora_2011-13456.nasl

バージョン: 1.12

タイプ: local

エージェント: unix

公開日: 2011/10/21

更新日: 2021/1/11

サポートされているセンサー: Frictionless Assessment Agent, Nessus Agent

リスク情報

VPR

リスクファクター: Low

スコア: 3.7

CVSS v2

リスクファクター: Low

Base Score: 1.9

Temporal Score: 1.7

ベクトル: AV:L/AC:M/Au:N/C:P/I:N/A:N

現状ベクトル: E:ND/RL:OF/RC:C

脆弱性情報

CPE: p-cpe:/a:fedoraproject:fedora:tomcat6, cpe:/o:fedoraproject:fedora:15

必要な KB アイテム: Host/local_checks_enabled, Host/RedHat/release, Host/RedHat/rpm-list

エクスプロイトの容易さ: No known exploits are available

パッチ公開日: 2011/9/29

参照情報

CVE: CVE-2011-2204

BID: 48456

FEDORA: 2011-13456